ここから本文です

国語で分からない問題があります

ken********さん

2011/2/623:58:16

国語で分からない問題があります

傍線部①「大きく」(「大きく頷いて、」の大きくです)と同じ品詞の言葉が含まれているものを、次のア~エから一つ選び、記号を書きなさい。
ア.小さな花が咲く。
イ.きれいに机をふく。
ウ.文字をはっきり書く。
エ.空がとても青かった。

答えは「エ」だったのですが、この問題については解説が付いておらず理解ができませんでした。
どなたか分かりやすいように詳しく解説して頂けないでしょうか。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,267
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fon********さん

編集あり2011/2/701:35:22

大きく:形容詞「大きい」の連用形

小さな:連体詞(名詞を修飾していて、活用がない)
* 「小さい」は形容詞で活用があるが、形容詞が活用して「~な」となることはない。
「浅い」が活用して、「浅な池」となることはない。
つまり「小さな」は「小さい」とは別の単語。
* 形容動詞「静かな」の仲間のようにも見えるが、「静かである」とは言えても、「小さである」とは言えない。
これが一番間違えやすいので、憶えておいてください。

きれいに:形容動詞「きれいだ」の連用形
はっきり:副詞(動詞を修飾していて、活用がない)
とても:副詞(形容詞を修飾していて、活用がない)
青かっ:形容詞「青い」の連用形


discussantsさんの回答は英語やフランス語などの文法によるもので、単語の機能(はたらき)によって品詞が決まります。
日本語もそのように考えることは可能です。
ただ質問は『国語』ということですので、日本の学校教育で行われている文法によって考えなくてはなりません。
国文法は機能だけでなく形を併せて考えます。
ある意味で形式的な面があります。
「大きく頷く」の「大きく」と「大きくなる」の「大きく」を品詞として区別しません。
どちらも形容詞「大きい」の連用形で、動詞を修飾すると考えます。
文の中で副詞的なはたらきをしているのか形容詞が補語となったものか、といった考え方はしないのです。
「小さい」は形容詞だが、「小さな」は連体詞だというのも、語形や活用の有無によって決められるからです。
英語やフランス語の文法では、はたらきが同じなら品詞も同じですから、どちらも形容詞だということになります。

質問した人からのコメント

2011/2/7 01:58:35

感謝 詳しく且つ分かりやすく説明して頂きありがとうございました
どの方の回答も勉強になりました
自分でも頑張って勉強したいと思います
本当にありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lab********さん

2011/2/700:55:10

大きく は 形容詞 大きい の活用形で 連用形ですね。

青かった も形容詞 青い の活用形のひとつ(何形かは忘れましたが)ですよね。

活用形を並べてみると違いがわかるのではないでしょうか。

例えば きれいに は きれいだ とかになり、形容動詞ですよね。はっきり は 活用しようがない、副詞です。

dis********さん

2011/2/700:44:59

“大きく”頷いて~

の文から見ると“大きく”は“頷く”という動詞を修飾しています。

動詞を修飾するとき、品詞は副詞です。

アの“小さな”は形容動詞。ちなみに、“小さい”は形容詞です。

イの“きれいに”、ウの“はっきり”は動詞がどのような状態であるかを示しているので共に状態副詞。

エの“とても”は性質や状態の程度を表しているので程度副詞といいます。

“大きく”は“大きく”か“小さく”か、もしくは“中くらい”という程度を表しているので、答えはエの文の“とても”と同じ品詞となるわけです。

wad********さん

2011/2/700:29:57

大きく
青かっ

いずれも形容詞です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる