ここから本文です

芸大ではあり得ますよね。 30浪して50代でやっと合格するケース。 適齢期では、...

doremutiさん

2011/2/1221:26:09

芸大ではあり得ますよね。
30浪して50代でやっと合格するケース。
適齢期では、デッサンが下手だったのではなく、「この人の絵のセンスが分からない」と落とされ続けられていたとします。

今回合格できたのは、非常識な絵のセンスを変えたのではなく、誰かに特訓してもらい、試験委員受けする常識的な絵画技術を身に付けてだったとします。
50代で合格したら、12歳年下の教授もいるでしょう。
その場合、50代の学部学生としては、「何だ、お前さん、早くから正統派の絵を描いて、試験委員受けして、偉そうにして・・・」ということになりませんか。

閲覧数:
2,170
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

suruya_fukuさん

2011/2/1223:21:58

芸大は学生数が少ないので、さほど特殊なケースというのも多くありません。

私のクラスは定員20名(現在は25名)のところ、24名の合格でした。

現役0名、1浪7名、そして最高が6浪で、平均3.5浪でした。

全員が美術予備校を経てきています。

ですから大半が入学して初めて知り合ったというわけでもありません。

面識はないにしても、噂ぐらいは聞いています。

とにかく、とても狭い世界なんですよ。

あなたの設定に沿った先輩がいればかなり話が伝わっているでしょうけど、聞いたことはありません。

あり得ない話ではありませんけど・・・。

あと、大学をいくつもはしごしてきている学生はかなりいます。

茨城大学を卒業してから浪人して合格したとか、静岡大学を卒業してから芸大の大学院に入学し、卒業後に再び別の学科で学部から入学した学生、慶応を中退してから浪人して学部に入学、さらには桃山を卒業後に関西学院を卒業、それから浪人して学部に入学、卒業後は大学院に進み、修了後はイタリア留学とか・・・。

そんな状況ですから、何浪とか年齢とかにはほとんどこだわりがありません。

まぁ、全員が美術予備校で何年も過ごしているのですから、その段階で合格するかどうかは自分の技量で理解してます。

それが試験のとき、突然に画風を変えるなんてこともできません。

そんな余裕なんかありませんね。

それだけの余裕があったら芸大なんか受験しないでしょう。

一次試験も二次試験も描画ですけど、それぞれ12時間、ひたすら描いてる。

時間が余ったら合格できないと思った方がいいです。

質問した人からのコメント

2011/2/19 12:38:56

桃山入学が19歳だとしたら、単純計算してもイタリア留学から帰国するのは、30代半ば過ぎですよね。
35歳を過ぎたら求人が急に減ると言われますが、絵で生活できる人はそうそういませんし、その後どのように暮らしていくのでしょうか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。