ここから本文です

うつ病で、障害者手帳がもらえる状態という人。どんな状態なのでしょうか?ひどい...

sum********さん

2011/2/1303:58:26

うつ病で、障害者手帳がもらえる状態という人。どんな状態なのでしょうか?ひどい、症状なのでしょうか?

それとも、軽くても障害者手帳はもらえるのでしょうか?

閲覧数:
412,136
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mid********さん

編集あり2011/2/1318:22:46

正式には精神障害者保健福祉手帳といいます。

基本的には何らかの援助が必要とされる人に限ります。その援助の度合いによって、1級~3級があります。

判定基準を列挙すると

1級
1. 調和のとれた適切な食事摂取ができない。
2. 洗面、入浴、更衣、清掃などの身辺の清潔保持ができない。
3. 金銭管理能力がなく、計画的で適切な買物ができない。
4. 通院・服薬を必要とするが、規則的に行うことができない。
5. 家族や知人・近隣等と適切な意思伝達ができない。協調的な対人関係を作れない。
6. 身辺の安全を保持したり、危機的状況に適切に対応できない。
7. 社会的手続をしたり、一般の公共施設を利用することができない。
8. 社会情勢や趣味・娯楽に関心がなく、文化的社会的活動に参加できない。
(上記1~8のうちいくつかに該当するもの)

2級
1. 調和のとれた適切な食事摂取は援助なしにはできない。
2. 洗面、入浴、更衣、清掃などの身辺の清潔保持は援助なしにはできない。
3. 金銭管理や計画的で適切な買物は援助なしにはできない。
4. 通院・服薬を必要とし、規則的に行うことは援助なしにはできない。
5. 家族や知人・近隣等と適切な意思伝達や協調的な対人関係づくりは援助なしにはできない。
6. 身辺の安全保持や危機的状況での適切な対応は援助なしにはできない。
7. 社会的手続や一般の公共施設の利用は援助なしにはできない。
8. 社会情勢や趣味・娯楽に関心が薄く、文化的社会的活動への参加は援助なしにはできない。
(上記1~8のうちいくつかに該当するもの)

3級
1. 調和のとれた適切な食事摂取は自発的に行うことができるがなお援助を必要とする。
2. 洗面、入浴、更衣、清掃などの身辺の清潔保持は自発的に行うことができるがなお援助を必要とする。
3. 金銭管理や計画的で適切な買物は概ねできるがなお援助を必要とする。
4. 規則的な通院・服薬は概ねできるがなお援助を必要とする。
5. 家族や知人・近隣等と適切な意思伝達や協調的な対人関係づくりはなお十分とはいえず不安定である。
6. 身辺の安全保持や危機的状況での対応は概ね適切であるが、なお援助を必要とする。
7. 社会的手続や一般の公共施設の利用は概ねできるが、なお援助を必要とする。
8. 社会情勢や趣味・娯楽に関心はあり、文化的社会的活動にも参加するが、なお十分とはいえず援助を必要とする。
(上記1~8のうちいくつかに該当するもの)

ただし、3級の認定は厚生年金加入者のみです。
また、自立支援制度というものがあり、そちらでは指定した病院、薬局での精神疾患の医療費について、本人負担が1割に軽減され、課税対象の所得によって月間の上限が決められ、1割負担であっても、その上限に達した場合その月のそれ以降の精神疾患についての医療費は支払う必要がなくなります。

申請方法はお住まいの市区町村に担当窓口があるので、そちらで専用の診断書等をもらって、その診断書を主治医に記入してもらい、申請を行えば自立支援制度は約1か月後、手帳の方は約2か月後に公布されます。自立支援制度と手帳の同時申請の場合は同一の診断書で同時に申請するので、医師に診断書の記入をお願いする場合は手帳と自立支援制度の同時申請であることを伝えてください。自立支援制度を申請する場合に記入しなければならない部分があるので、そこに記入がないと診断書に加筆してもらう必要があるので。

その他、長期間に渡って精神科に通院する必要がある場合は障害者年金の申請をすることができます。初診日に厚生年金に加入していた場合は年金機構、国民年金に加入していた場合は市区町村の年金課などに申請することになります。こちらの基準は残念ながら私にもわかりません。何しろ今申請して審査している段階なので。詳しくはお住まいの市区町村の年金事務所に問い合わせてください。年金事務所が分からなければ手帳と自立支援制度の窓口に聞けば教えてくれると思います。また、障害者年金についても、1~3級の等級がありますが、これは手帳の等級とは一切関連性がないので、手帳が3級の認定であっても、障害年金は2級で認定される場合があるようです。

診断書を書いてもらわなければならないので、初期費用は若干かかりますけど、医療費負担が1割になるので、すぐに回収できる範囲です。なので、使えるものは積極的に使ったほうが良いですよ。

追記
援助されてないと通らないと書いちゃいましたが、医師に頼めばそれっぽく書いてくれます。ほとんど援助が必要ない場合であっても、2級に持っていくような内容にしてくれます。悪いことかもしれません。そう考えるのが普通でしょう。嘘をついてしまうことになるのだから。でも、気にする必要は全くないです。実際に現実世界でいろんな差別に遭っているのだから、そのくらいのことをしなくてはまともに生きていけないです。

質問した人からのコメント

2011/2/21 02:10:24

ありがとうございます、参考になりました!

「うつ病 障害者手帳」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ote********さん

編集あり2011/2/1406:43:14

手帳は、本人の取得したい意思と医師の意見があって申請・交付されるものです。
まず行政福祉窓口に申請します。自治体によって若干の基準が異なりますが、そこから医師の意見書に基づいて交付の決定がされます。
うつ病の場合「精神障害者健康福祉手帳」ですが、医師の意見として、当面、完治する見込みが不明という状態が判断基準のひとつです。援助の度合いと「すぐ治りそうなら必要ないですよ」という考えのようです。

moz********さん

2011/2/1305:17:14

僕は 軽度のうつ病です。先日 精神科の先生に お聞きしました。障害手帳は 一生うつ病と お付き合いする方、併用して 経済的に生活が厳しい方が 自立支援給付制度と一緒に各自治体へ提出すると頂けるようです。結局、医師の判断認知よりますね。僕は 頂いておりません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる