ここから本文です

【意味が良く分からない】 音楽の3要素の一つ、「ハーモニー」

aw5********さん

2011/2/1722:49:36

【意味が良く分からない】 音楽の3要素の一つ、「ハーモニー」

音楽の3要素は、「リズム」「メロディー」「ハーモニー」とされています。
「リズム」と「メロディー」は国語的・直感的に意味が分かりますが、「ハーモニー」だけは良く分かりません。
ウィキペディアで調べても
『和声(わせい、戦前には「かせい」とも、英: harmony)は、西洋音楽の音楽理論の用語のひとつであり、和音(英: chord)の進行、声部の導き方および配置の組み合わせのことである。メロディ(旋律)、リズム(律動)と共に音楽の三要素のひとつとされる。また和声とは狭義には16世紀ヨーロッパに端を発した機能和声のことである。これは、個々の和音にはその根音と調の主音との関係に従って役割があると考えるものである。歴史的には機能和声に至る以前の和声が存在するが、現在の西洋音楽はほとんどがこの機能和声によって成り立っている。』
と書かれていますが、専門用語の羅列で何を言っているのか全く分かりません。それぞれの専門用語を更に調べても、例えば「和音」なら、『和音(わおん、英: chord-コード、独: Akkord)は、高さが異なる複数のピッチクラスの楽音が同時にひびく音のことである。』と書かれてあり、今度は『ピッチクラス』が分かりませんからまた調べると『ピッチクラスとは、集合論では次のように定義される。ある2つの音があって、その周波数がx,aであるとする。このとき、x = 2naとなるような整数nが存在するとき、x,aはオクターブに関して同値であるといい、x˜aと表す。ここで、{x | x˜a}で表される集合をピッチクラスといい、これには整数による音名を与えることにする。』
と書かれており、最早全く理解できません。
どなたか、もっと例え話などを使って直感的に理解できる説明を知っている方、いらっしゃいませんでしょうか?

閲覧数:
39,536
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

編集あり2011/2/1807:48:05

それこそ難しいことを言い出したらきりがありませんね。

良く「ハモる」なんて言い方しません?簡単に言えば「音程が調和すること」もっと分かりやすく言えば、声でも楽器でも、「ハモること」でいいんじゃないですか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「音楽の三大要素」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

おとうさん

編集あり2011/2/2203:20:06

一般論として、音名(ドレミ~)で表現する場合、
メロディーは、一次元的なので、一人で言うことができます。
一方、ハーモニーは、これをオクターブ以外の和音として説明すると、
二次元的なので、音名を一人で言うことが出来ません。

輪唱で有名な「かえるのうた」を例にすると、歌詞は
「かーえーるーのーうーたーが~|きーこーえーてーくーるーよ~」
ですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=f65E65axcuA
この最初の「かえるのうたが」までは音名を一人で言えます。
「ドーレーミーファーミーレード~」と。
しかし次の「きこえてくるよ」から音名は一人で言えません。
同時で(重なって)こうなりますので↓
一人目「ミーファーソーラーソーファーミ~」
二人目「ドーレーミーファーミーレード~」
又はこう表現したらいいでしょうか↓
「(ド&ミ)(レ&ファ)(ミ&ソ)(ファ&ラ)(ミ&ソ)(レ&ファ)(ド&ミ)」
↑こうゆうのが「ハーモニー」です。

なお、上記例のように複数の旋律(声部)が全て重なっても、或いは一部が重なっても、又は音が鳴っている時間がずれて重なっていても、ハーモニーと言います。
また、旋律は一つでも伴奏する音(和音や分散和音、或いは単音)と重なっているものもハーモニーと言います。

ってゆう説明はいかがでしょう?

** 追伸 **
あっ、勿論、和音だけで旋律が無いのも「ハーモニー」と称します。
例えば、「ド&ミ&ソ」の和音を同時に鳴した場合、
それだけでも「ハーモニー」と言いますし、この場合、それだけなら
そこに「メロディ」や「リズム」は存在していないと言えるでしょう。

com********さん

2011/2/1821:36:54

和音(ハーモニー)とは、2つ以上の音が同時に鳴っている時に生まれる、音の響きのことです。当然ながら、メロディーだけでは成立しません。が、2つのメロディーを同時に演奏したならば、和音は嫌でも成立します。

この和音には、いろんな種類があります。ポップスだったら、「コード」という名前で表現したりもしますね。心地良く響く和音もあれば、音同士がぶつかり合って、とにかく耳障りなだけのことも。じゃあ、何でそんなことが起きるのかというと、これを説明するためには、質問者様が調べたような、物理学の世界に突入する必要があります。結局のところ、音というのは空気の振動なので、そうなるんです。ちなみに「ピッチ」とは空気の振動数(周波数)、のこと。ピアノだと真ん中の「ラ」にあたる音の周波数は、440Hzです。だから、この数字を公式に当てはめると、オクターブ上の「ラ」の周波数が導き出せるわけです。この数字の関係性によって、和音の種類が決まります。が!普通の音楽家は、そこまでは考えません。知識として理屈は勉強しますが、最終的には、自分の耳で聴いて感じたものが全てだからです。もしも、この公式について詳しく知りたいのであれば、物理カテで質問なさった方が良いでしょう。

で、とにかくそんなこんなで存在する音には、音楽理論に基づいた進行順のルールがあります。これが「和声」です。瞬間的な音の響きというよりは、音から音へと移動する動きのことを指しているので、和音とは区別して考えて下さい。

いさはやさん

2011/2/1811:30:39

私は以前ある機会からこの「ハーモニー」を「和音ではなく調和の意味」に感じるようになりました。
単旋律の音楽(グレゴリオ等)を勉強していた頃ですが、ある人の「ここには3要素の一つが存在しないので音楽としては未完成なのではないか」という質問に対して、フランス人の講師が答えたのです。「ハーモニーとは作られた和声だけを指すものではない。一緒に歌う人と人の間にも、それを聞く人との間にもハーモニーは存在する」と。
観念的な言い方だったと思いますが、その後「耳を澄ませば単旋律でもさまざまな自然のハーモニーが生まれているのが聴こえませんか。皆さんの声が調和した証拠です」とも言われました。私が自然倍音に興味を持ったきっかけにもなりました。
つまり調和された旋律とリズムはすでに自然のハーモニーを内包していると考えるようになったのです。
その自然倍音を数学的に解析すると、整数倍の周波数を持つ音の集合であるということになるのです。

mao********さん

2011/2/1802:45:45

メロディとハーモニーは、音程という同じ要素から生まれています。
音程とは、異なった高さの2つの音の距離です。

メロディとハーモニーの違いは、前者は音程が水平方向に連なっていき
ますが、後者は音程が垂直方向に重なったものと認識すればよいでしょう。


簡単に言えば、ハーモニーは異なった音を重ねたもの、つまり和音です。
ドミソ(Ⅰ)、ドファラ(Ⅳ)、シファソ(Ⅴ7)・・・・

鍵盤を両手で弾くとき、多くは右手は水平方向に音を並べたメロディを弾き、
左手は垂直方向に音を重ねたハーモニーを弾きます。

ハーモニーは、バッロク時代に確立されたメジャーとマイナーという調性の枠組み
を土台に構築されています。ですので一度、ハ長調、ト長調、ニ長調・・・と調
の仕組みについて勉強されれば何かご自分で納得のいくものが見つかるかも
しれません・・・

pyg********さん

編集あり2011/2/1801:33:42

音の性質は、大きさ(音圧)・高さ(周波数)・音色(波形)の三要素によって特徴づけられるのですが、含まれる周波数は一つではありません。最も低いものを基音と呼び、この周波数を音の高さとして知覚しています。他の知覚してない周波数の内、基音の周波数の倍数のものを倍音と呼びます。共通の倍音を含む音は、人間の耳に協和(同時に鳴らした二つ以上の音がよく調和して響くこと)して感じられるそうです。この協和してる状態がハーモニーです。簡単な例えで言うと、和音の響きです。

実際に音の響きを体感する方がわかりやすい気もします。純正律の音が出せる管弦楽器や歌で、きれいにハモるの聴くと、音が調和して響くという感覚がよくわかるのですが。

ちなみに、平均律のピアノ等で和音聴いても、響いていないので実感できません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる