ここから本文です

「学校採用専売品」などと書いてある問題集がよくありますが、なぜ一般の書店で売...

pri********さん

2011/2/2001:17:02

「学校採用専売品」などと書いてある問題集がよくありますが、なぜ一般の書店で売らないのですか?
学校だけでなく個人でも手に入るようにしたほうが売り上げが上がると思うのですが…

閲覧数:
11,108
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2011/2/2014:29:35

下の回答者様の理由もありますが、別の面からもの理由があります。
学校教材用図書のほとんどは教科書に準拠しています。一般書店売りをするには、書店在庫の分だけ発行する必要がありますが、売れなければ不良在庫を抱えます。図書は再販商品(書店は売れ残りを出版元に返品できる)ですから、教科書が改訂されるたびに売れ残りが返本されたら困りますよね。その対策をとるには価格を上げなくてはなりません。そうすると売れにくくなります。
学校専売品にすることで、必要以上の印刷をしないようにして学校で使ってもらえる価格に抑えているのです。
教材図書の出版社は一般書店ルート以外の別系列の販売ルートを確保するため協会を組織していますので、1社だけが一般書店でも販売するということはできない仕組みになっています。
よく知恵袋でも個人購入方法の質問がありますが、個人売りをすると一般書店売りするのと同じになってしまうので、地域の教材販売店に行っても売ってもらうことはできません。

質問した人からのコメント

2011/2/22 21:51:52

なるほど…参考になりました
みなさん回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fro********さん

2011/2/2014:36:12

学校採用専売品だと,一度に捌けるので,コスト的に良い(返品率が低い)。

学校の側からだと,解答欲しさに別に同じものを買い「答えを写すだけ」を防止できる。→教育効果が上がる。
なかには同じものを買うのはもったいないと,万引きする誘因になってしまう。それをも防止できる。


解答が出回らないから,というので学校も採択してくれる。実際「別刷解答は市販しませんよね」と念を押してから採択しますから。
問題集を400冊売るのって大変ですよ。でも大規模校一校が採択してくれたら,それだけで400冊売れるのですから。
返品率が極めて低いので,価格も相応に下がってますね(類似の内容・レベルと比べ10%off程度)。

sea********さん

2011/2/2009:54:54

学校単位で購入になると、売り上げが一気に伸びます。業者も学校に売るのを優先します。
もし、採用された問題集を一般販売すれば答えや解説書も付きます。
子供によっては、答えを写すために購入するかも知れません。
そのため、基本一般販売と分けると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる