なぜ、促成栽培は宮崎・高知で盛んなのですか? 宮崎・高知には、促成栽培にとっていい条件が何かあるのでしょうか?

なぜ、促成栽培は宮崎・高知で盛んなのですか? 宮崎・高知には、促成栽培にとっていい条件が何かあるのでしょうか?

植物21,500閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

4人が共感しています

ベストアンサー

3

気候は,黒潮の影響を受けて温暖で,年間を通して日照時間も長い。南部の日南海岸では,バナナ・ソテツなどの亜熱帯植物がしげっている。 全体的に日照時間・降水量ともに全国で上位で、特にえびの高原、鰐塚山の降水量は日本有数となっている。平野部での降雪・積雪は稀であり、宮崎市の気象台では初雪が観測されない年がある。冬は乾いた西風が卓越し、快晴の日が多い。国内で冬に多照となる地域では最も暖かいこの気候を利用し、スポーツチームのキャンプやゴルフ客が多数訪れる。宮崎市以南の日向灘沿岸には無霜地帯が存在する。(以上宮崎県) 促成栽培には、①冬季に晴天が多く②温暖な地域、すなわち東海道、四国、南九州などの太平洋岸が適するが、特に大都市など消費地の近郊地帯で早くから促成栽培がおこなわれた。今では、③交通機関の発達により消費地に遠い土地にも普及し、それらは集団的な促成園芸地帯を形成していることが多い。 例として、高知平野のナス、ピーマン、宮崎平野のキュウリ、ピーマン、カボチャなどである。 http://kwww3.koshigaya.bunkyo.ac.jp/wiki/index.php/%E4%BF%83%E6%88%90%E6%A0%BD%E5%9F%B9

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な解説、ありがとうございます。 なるほど!!と納得しました!!!

お礼日時:2011/2/21 17:43