ここから本文です

むかし日本が朝鮮に義務教育やインフラ敷設や産業を普及させましたが、いまも朝鮮...

n48********さん

2011/2/2209:23:30

むかし日本が朝鮮に義務教育やインフラ敷設や産業を普及させましたが、いまも朝鮮人は日本を恨んでいます。
民俗学者の柳田國男先生や宮本常一先生は近代における初等教育の本質を『平凡への強制』であると定義しました。

小学生くらいの段階でしっかりと社会性や集団のルールに従えるように体罰を伴ってでも強制させなければ社会人として使い物にならないからです。
当然教わる側の子供たちから教師は恨まれもするでしょう。
しかしそういう重圧に耐えることも教育する側の義務なんですよね。

私は当時の日本がまさしく教育する側、朝鮮は小学生だったと思っています。

産業や義務教育やインフラ敷設は近代化の初等教育で一番根幹的な部分。
当然暴力を伴ってでも強制したわけですからいまも朝鮮人が日本を恨む気持ちは分かります。

しかし、例えば韓国史上最も偉大な大統領だった朴正煕先生は晩年次のように語ってくれました。
『当時の朝鮮は義務教育の観念が無くて子供は貴重な労働力だった。そこに日本人がやってきて私の両親に子供を小学校に通わせるようにムリヤリ強制してくれたから親は私をしぶしぶ学校に通わせてくれた、そこで日本人に差別されながらも一生懸命勉強に励んだからこそいまの私がある』

昔不良だった教え子からこんなことを言ってもらえたら、教育者冥利に尽きるんじゃありませんか?
私は朴正煕先生に対してありがとうと言いたいですね!
皆さんはどう思いますか?

閲覧数:
332
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mou********さん

2011/2/2300:03:39

売り言葉に買い言葉、のようなもので、
「日本を恨んでいる」と延々と言われ続け、
「日本は悪いことをした」「大いに反省をするべきだ」と
教育され続けていく中で
「だけど日本だって・・」と出てきたのが
「インフラ整備・教育の充実をしたのは日本だ」という論なのかな、
と思っています。

日本人の我々だって、アメリカ人から
「日本に民主主義を持ち込んでやったのはアメリカだ!感謝しろ」なんて
言われれば、事実そうだとしても、不愉快になりませんか?

事実としては、インフラ整備をして、教育を充実したのも事実だし
それによって、利益を得た韓国人もいれば、不利益を被った韓国人が
いるのも、事実なんだと思います。

教育者ー被教育者という関係で日韓の関係を論じても、
お互いすっきりしないでしょうし、
加害者ー被害者の関係で両関係を論じても
お互いすっきりしないでしょう。

角が立たないような意見交換というのも難しいですが
そういった論争が、両国のためなんだろうな、と思います。

むずかしいですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる