ここから本文です

キリスト教徒であるナチス幹部のユダヤ人迫害について。 ヒトラーやナチス幹部...

gam********さん

2011/2/2411:03:07

キリスト教徒であるナチス幹部のユダヤ人迫害について。

ヒトラーやナチス幹部の多くはキリスト教徒だったと思いますが、
キリストと同じ民族であるユダヤ人を迫害するのに抵抗はなかったのでしょうか?

本来、教祖と同じ民族は敬うべきと思います。
キリストは神だからユダヤ人とは見なしていなかったのでしょうか。

補足当時ユダヤ人が嫉妬されていたり、それ以前にも迫害されてきた歴史があり、
それがナチスの迫害の下地になったというのは理解できるのですが…。
それでも「ドイツ人がユダヤ人であるキリストを崇めつつ、ユダヤ人を迫害した」という点に合点がいかないのです。

当時のドイツ人はキリストが元々ユダヤ人であったことを当然知っていましたよね?
ユダヤ人を敵と見なすことに心理的な抵抗はなかったのかなと思いまして。

閲覧数:
739
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/2/2413:50:05

ユダヤ人とはユダヤ教徒のことである。

イエス・キリストはユダヤ教徒ではない。

よってイエス・キリストはユダヤ人ではない。

質問した人からのコメント

2011/2/24 20:35:39

成功 たくさんの方に回答をいただきましたが、簡潔で的を射ていると思ったので、こちらの回答をベストアンサーに選ばせていただきます。

確かに、「ユダヤ人の条件はユダヤ教であること」、と私も聞いたことがあります。
その意味では、キリストはユダヤ人ではありませんね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

usa********さん

2011/2/2412:54:42

キリストを殺したのもユダヤ人ですから…

ちなみにキリストは「神の子」です。

meg********さん

編集あり2011/2/2412:38:35

悲しいことですが、元来、人間は差別をするものです。
洋の東西や時代を問わず、肌の色や生まれ人種・宗教の違いで差別します。たとえば、
キリスト圏と昔から戦っていた、イスラム圏では、同じイスラム教でも差別します。
国の体制により違いますが、スンニ派が主流ならシーア派は差別されると言うように!

そのイスラム教圏でも、ユダヤ人はキリスト教圏同様に差別が行われましたが、むしろ
キリスト教圏に比べると扱いは良好だったようです。ズィンミーと称して厳しい制限を
加えましたが基本的人権は保護されていたようです。

ヨーロッパでは、主にジプシーとユダヤの人々が差別の対象になってましたが、
ユダヤ人の場合は、キリスト教の神学者がキリストを迫害したのはユダヤとしたことと、
シェークスピアにも登場する「金貸し」のような嫌われる仕事や錬金術のように当時の
人々から見たら、怪しい仕事を生業としている者が多く、尚且つ裕福な者が多かった
ため、嫌われたようです。所謂、「反ユダヤ主義」ですね。

反ユダヤ主義者の主張は、「ユダヤ教は強烈な選民思想であり、排他的な思想であり、
イエス・キリスト殺害の張本人であり、金融業で財を成した」だからダメだということですw

ご存知無いかもしれませんが、ペストが大流行した14世紀にも、ユダヤ人はその原因
だとされて迫害を受けてます。また、1516年にはイタリアの ヴェネツィアにユダヤ教徒の
強制居留地「ゲットー」が設置されてます。この頃は特に迫害がひどく南欧やロシア地区
でもゲットーが造られてます。

その後、キリスト教的には、反ユダヤ主義は異端とされましたが、それは17世紀になって
からで、長年差別が続いたために差別が浸透していてバチカンの判断は遅かったと
いう感じです。

お尋ねのナチスですが、これはユダヤ人だけでなく、ポーランド人やジプシー/ロシア人も
そして、同じドイツ人でも身体障害者も迫害してます。理由は、ナチスの思想に在ります。
また、ヒトラーの焚書は有名ですが、本同様に知識人・聖職者・政治家も虐殺してます。

その根拠になったのがナチズムです。
ナチズムというのは、
人類は決して平等ではなく、特に白色人種は「生まれながらの絶対的な支配者」で
あり、「他のすべての世界を支配する権利」を与えられているとするものです。

その白人種の中でも、最も優れたドイツ民族が第一次世界大戦に敗れたのは
「ドイツ民族の内面的堕落」が原因でありその堕落とは『民族の血の汚濁』である。
としたのです。
つまり、ユダヤを始めとする「劣悪な血統の民族」がドイツを堕落させた。という主張です。

当時のドイツは、ベルサイユ体制(第一次世界大戦の戦後処理)で莫大な賠償をしており
国内はインフレと失業者で溢れていました。人々の不満を吸い上げる形で政権を奪取し、
後はご存知のとおりです。

ですから、ナチの人々にとってユダヤ人は「唾棄すべき相手」だったのです。
キリスト教的にどうかと言う判断ではなく、人種/民族として、ドイツを堕落させた
犯人とされたのですから。
ちなみに、知識人・聖職者・政治家も堕落させた原因者であり、身体障害者は
劣悪な血統は残さないと言う考えです。

>本来、教祖と同じ民族は敬うべきと思います。
残念ながら、そのような思考は一顧だにされていなかったですね。

ちなみに、ヒトラーの著書「わが闘争」では、日本人は黄色い猿のような二流民族と
描かれてましたが、日独防共協定調印後は削除されてます。

suz********さん

2011/2/2411:27:29

ユダヤ人が就ける職業は限られており金貸しや皮なめし職人などでした。当時のドイツは不況で裕福なのは金融業のユダヤ人だったため公にユダヤ人を攻撃、財産没収によりドイツ人の指示を得ることができたのです。

2011/2/2411:14:00

キリスト教徒はユダヤ人を迫害することによって、アイデンティティーを確立しているという面もあるでしょう。
かたき役、仮想敵は宗教においても必要なのでしょう。

tak********さん

2011/2/2411:06:41

キリスト教徒はナチ以前からユダヤ人を差別してますよ。
元々そういう下地があるから、ヒトラーがそれを利用しただけ。

キリスト教徒がユダヤ人を差別するのは、ユダヤ人(ユダヤ教徒)がキリストを迫害したからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる