ここから本文です

レディーファーストの起源って女性に毒味されたりして盾に使ってたって本当ですか?

u0g********さん

2011/2/2817:59:12

レディーファーストの起源って女性に毒味されたりして盾に使ってたって本当ですか?

補足回答ありがとうございます。 日本にレディーファーストは必要だと思いますか? 自分はしたい人だけすれば良いと思います。傲慢な女性が増えそうな気もします。

閲覧数:
18,027
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaj********さん

編集あり2011/3/100:01:18

毒味のことはちょっと作り話臭いけどね。

ヨーロッパなど、白人系人種の起源の地域は、徹底した「男性至上主義」なんや。
それを知らんアジア系は、単純にレディファーストに「お姫様扱い」とか言って憧れる。

社会の中で身分の上下もあるけれど、女性はあくまで男性の隷属物。
その女性を連れて行って、社交の場で粗相をしでかしたら「男の恥」。
だから女性をかいがいしくコントロール出来るように、レディファーストのような習慣が出来上がったちゅう。
ヨーロッパなんて、少し昔は女性は跡継ぎを産むための付属物でしょう。
ウーマンリブ運動だって、ヨーロッパから発生したんやないの?

だから多くのヨーロッパ系言語は、「人間=男」を意味するのと同じこと。
ラテン系言語だって男性形・女性形あるけど、混じったら全て男性形。
女性や子供はあくまで付属物、隷属物だったのです。

日本にはレディファーストは馴染まない。
なんでか言うと、元々アジアの多くの国は歴史的に昔から男女同権だから。
男尊女卑と言うのは、一部勘違い男の所業なだけです。
中国とかな。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mig********さん

2011/3/304:47:24

レディーファーストが男尊女卑の起源からきているという説は聞いたことがあります。ですが長い歴史から男女平等の思想に行き着いたのですし、今時女性蔑視をする男性は情けない思います。ただ、女性が肉体的に弱い事は科学的に明らかなので、男性が気を遣ってくれるのはありがたいと思います。ですからレディーファーストはいいと思いますよ。

iqu********さん

2011/2/2823:09:26

あなたの言っていることは
わからないですけど・・・

理論からするとレディーファーストは
ちょっと可笑しいと思います。

女性が介護要者だったり
身体障害者だったり。

そういう印象を受ける
過剰な物もあります。

外国人男性ファーストを
やる特殊な国の女性がいます。

どこ???

日本です。
白人男性がまるで
身体障害者要介護
者という印象を受けます。

日本女性には
外国人男性にたいし
強い下心があるのです。

wha********さん

編集あり2011/3/100:12:25

男性が女性をエスコートする際にとんでもない大きなボリュームのスカートなどはいた女性は先に通した方がいいのでしょうな。毒味(女性に毒味させる)説も塩野七生さんの本か何かにありましたね。

もともと仕事しないで専業主婦している人が多い国で、旦那さんが家事も子育ても放棄して会社一辺倒では、「奥さん怒らせたら家事もしなくなるので」レディーファーストを気取る日を設けるのも大切な家族サービスなんでしょう。子供産んでも家政婦雇って働きに出る方が経済的にも有意義な国にならないと、専業主婦が傲慢になって家でふんぞり返るだけって言いたいのかな?海外にいると日本女性のイメージは良妻賢母でthoughtful and caring kindだと思われていますよ。ご期待に添えるよう妻はシブリしますが・・・夫もファミリーマンでレディーファーストを演出しないと英人社員からは批判されかねませんよね?そういう意味では、「大きく期待を裏切らない事」も大切でしょう。

coc********さん

編集あり2011/2/2822:18:24

絶対に嘘とも言い切れませんけれど、理屈からいって無理のある説明だと思います。

こういう礼儀作法の紀元は宮廷の作法ですよね。フランスなら中世の騎士道から来ています。このとき作法の対象とされるのは、すべて上流階級の女性でしょう?毒味と言ったって、テーブルに同席している女性はすべて何々さまの奥方とその令嬢ばかりなんですよ。貴族の奥方なら、奥方本人だって由緒ある家系の生まれです。そういう女性達に毒味なんかをさせたら、たちまち実家相手の戦争になってしまいますよ。

そういうわけで、女性に毒味をさせる風習が世界のどこかにあったかもしれない、とは言えますけれど、一般的な風習ではあり得ません。

ちなみに、いわゆるヨーロッパの古風な礼儀作法のひとつの紀元となった中世フランスの騎士道では、騎士達は愛を捧げる貴婦人のために死ぬことを誇りとし、まあ死なないまでも、女性を危険にさらしたりするのは男にとっての恥の恥とされていました。男子の沽券にかかるわけです。

だから、中世よりはずっと新しくなった時代の礼儀作法でも、女性に道を譲ったり、良い席を勧めたりするけれど、道に出たり、人のたくさんいる場所に入ったりするときには、まず男性が先に出て安全を確認し、それから女性に場所を譲る、ということになっています。危険があったらまずは男が身を挺して女性を守るのです。女性を盾にするなんて、とんでもありません。

でも今思い出したのですが、日本では『女だけの都』という題名で公開された古いフランス映画がありました。これは17世紀くらいのフランドル地方の街で、スペイン大使が軍隊を連れてやって来るのに恐れをなした男達が、女だけを残して逃げてしまうという話です。これに怒った市長夫人を始めとする街の女達が、戦う代わりにスペイン人の男達と仲良くなってしまう、という展開で、面白いから良かったらご覧になって下さい。
ーーーーーーーーーー
必要なのはレディファーストではなくて、礼儀と思いやりではないでしょうか。私など小柄なので、日本にいるとよくおじさん達に跳ね飛ばされてしまいます。どうして日本には自分が方向を間違えているくせに進路の指示通りに歩いている女性を跳ね飛ばす男性が多いのでしょうか?規則を守る、というのが日本人の評判ですけれど、これはあまり本当でもないですね。私は展覧会などの進行方向はきっちりと守る方なので、イライラすることがあります。

これがフランスだと、どちらの方向へ行っても大抵は男性の方がよけてくれるのですが。フランス人はいい加減ですが、この点では日本にいるよりイライラしません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる