ここから本文です

好きな大日本帝国海軍艦艇

kim********さん

2011/3/210:27:05

好きな大日本帝国海軍艦艇

皆様の好きな太平洋戦争(大東亜戦争)時の大日本帝国海軍の艦艇を教えてください。
戦艦・空母・巡洋艦・駆逐艦・潜水艦・輸送艦など何でもOKです。
また、好きな理由も教えていただけると嬉しいです。

私が好きなのは呂三三型潜水艦(海中6型)の呂四四潜水艦です。
理由は私の祖父が乗っていたためです。

補足↑の呂三三型は呂三五型の間違いでした(汗)

皆さんありがとうございます!
色々なエピソードがあるんですね。感激です!
まだまだお待ちしておりますm(_ _)m

閲覧数:
589
回答数:
16
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

spn********さん

編集あり2011/3/413:29:42

雪風(陽炎型八番艦)と二代目梨(松改、橘型)『わかば(DE261)』です。
雪風は太平洋戦争中のほとんどの主要作戦に参加し戦死者は十指に満たなく、四代いた戦時中の艦長が戦後三十年もみな健在だったそうです。また雪風は臨時ですが昭和18年7月6日から9日まで第八艦隊旗艦として鮫島中将の将旗を揚げ、駆逐艦が艦隊旗艦となった唯一の記録を残しています。雪風の栄光は戦後もあり。
昭和21年2月から復員輸送で13,000人を祖国の土を踏ませ。昭和22年5月連合国から最優秀艦と賞賛され、6月抽選で中華民国に引き渡され、『丹陽(TANYAN)』と改名し中華民国海軍の総旗艦になりました。
二代目梨の好きな理由は戦後の活躍によるものです。梨は海上自衛隊に所属した唯一の艦艇で海軍と海上自衛隊をつなぐ艦艇です。
梨は昭和20年3月15日に竣工、7月28日沈没、昭和29年9月引揚げ完了、呉造船に入渠し調査した結果再使用可能で防衛庁が買い取り修理改造、昭和31年海自に引き渡され練習艦、昭和32年に護衛艦「わかば(DE261)]として
復活し昭和46年3月31日まで活躍しました。

質問した人からのコメント

2011/3/9 09:11:44

抱きしめる 皆様ありがとうございました!
雪風と二代目梨のエピソードをいただいたspn64gs9さんをベストアンサーとさせていただきます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cas********さん

2011/3/710:42:27

山城かな、
あの数の砲門には迫力を覚え、大和無くせば最強!っと感じるのですが、
それよりも八門と少ない長門より口径が劣る。
この見掛け倒しの可愛さに惚れましたw

運動音痴だしね、

gla********さん

2011/3/603:29:21

駆逐艦「島風」ですね。
当時としては斬新なクリッパー型の船首を持ち、40ノットクラスを可能にした、言わば時代を先取りしたようなシルエット…子供の頃にかなり惚れ込みました(笑)
現存していたとしても、ほとんど古さを感じさせないような気がします。(シルエット限定。装備はまぁ、ねぇ(笑))
他は重巡「青葉」や「熊野」、軽巡「香取」、空母「大鳳」なんかがいいですね!

kat********さん

2011/3/509:49:08

やはり、妙高型巡洋艦でしょう。とても美しい巡洋艦と思います
。足柄の英国訪問も印象的な出来事です。
20センチ砲10門、魚雷、航空機搭載など、当時の最新鋭艦でした。ただ対空戦能力に難ありでしたが。

miz********さん

2011/3/501:34:45

戦艦長門ですかね(^○^)

「ニイタカヤマノボレ一ニ○八」の信号を送ったのは、長門でした。

長門は、太平洋戦争が終わるまで沈没せずに生き残りました。しかし、その後アメリカ軍に接収され星条旗が掲げられました。その後アメリカ軍の核実験に使われました。

一度目の核実験では、長門はほとんど無傷でした。二回目の核実験では、船体が傾きました。でもその時はまだ沈没はしていませんでした。しかし、次の日の朝アメリカ軍海軍関係者が長門の場所を見に行くとそこには、もう何もなかったそうです。長門は誰にもみとられることもなく、静かに沈んだのです。

かつて世界でビッグセブンと呼ばれた戦艦7隻で唯一、長門は今もその姿をとどめています。

長門程の頑丈な戦艦はありません。
長門を引き上げてもらいたいです。
沈む時誰にも見てもらえなかった、なので今はみんなに見てもらい、多くの人に歴史の悲しい出来事を知ってもらいたいです。

長門万歳!!

krc********さん

2011/3/500:18:49

駆逐艦「雪風」です。

父の話によると、私の叔父は、20年に南方洋上で戦死したそうですが、
ミッドウェー海戦の時、搭乗艦を沈められ、「雪風」に救助されて、
助かったんだそうです。

しかし、生き残りの将兵による、負け戦の噂が流れるのを防ぐ為か、
中々内地へ帰還出来ず、19年の末になって、同じく海軍の航空隊に
居た、父と再会し、戦闘の顛末を語ったのだそうです。

叔父は「雪風は凄いぞ、潜水艦の待ち伏せを食らったが、雪風には
一発の魚雷も、掠りもしなかった」と言っていたそうです。

戦後、父は伝があり、進駐軍のPXにしばらく勤めましたが、その時に、
雪風は「世界一の幸運艦」と呼ばれているのを知ったそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる