ここから本文です

教えてください。 先日、友人が自殺しました。 睡眠薬の過剰投与が原因のよう...

myu********さん

2011/3/313:39:02

教えてください。

先日、友人が自殺しました。
睡眠薬の過剰投与が原因のようで、部屋にはラボナとイソミタールがあったそうです。
調べてみたら、これらの薬は他の睡眠薬に比べて危険ということがわかりましたが、睡眠薬で自殺することなんてできるのでしょうか?
現在では睡眠薬で自殺することは不可能だと聞いていたので、納得できないというのが正直なところです。

真相を知りたいので、どなたか詳しい方、教えてください。
よろしくお願いします。
長文失礼いたしました。

閲覧数:
327,347
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dou********さん

2011/3/316:56:09

一般の睡眠導入剤は「ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤」と言いまして、この種類のなかの最強のお薬を例え100錠飲まれても、嘔吐して気管を詰まらせない限り、死亡することはございませんし、後遺症が残ることもございません。寝酒するようなものです。

それに対しまして、ラボナ・イソミタールですが、これは「バルビツール酸系」と言いまして、簡単にご説明すれば、脳の中枢神経を丸ごと麻痺させて眠らせるようなお薬で、大量服用しますと呼吸機能まで停止してしまう古くからあるお薬です。昔の著名人の睡眠薬自殺は、この種類のお薬です。

最近では、このような危険性から、通院患者に対してバルビツール酸系睡眠導入剤が処方されることは無く、お薬の管理が可能な入院施設でのみ処方されます。

どのようなルートで入手されたのかが不明ですが、おそらく睡眠導入剤の知識を得られてしまった結果のようですね。

心からお悔やみ申し上げます。合掌。

質問した人からのコメント

2011/3/3 20:23:24

詳しい解説ありがとうございます。
やはり普通の睡眠薬とは違うのですね。
少しモヤモヤがとれた気がします。

「睡眠薬 自殺」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

har********さん

2011/3/317:08:42

辛いですね。心からお悔やみ申し上げます。

強い薬で亡くなってしまう人も稀にいます。
死なずに身体が不自由になってしまう人もいます。
一生、身体が動かない人も大勢います。

皆さん、マネしないように。

ult********さん

2011/3/314:13:05

ご友人を亡くされた事、まずはお悔やみ申し上げます。

私も不眠が酷い時期、その両方を処方された事があります。
過剰投与といえるのか、そこは分かりませんが、
それらを過剰摂取したことが原因だとは思います。

イソミタールは通常の不眠にはまず処方しないため、
絶対に溜め込むな、余ったら捨てるようにと言われていました。
処方量も非常に細かく0.01mgの単位で指示されていたので
自分でも何となく危ないんだなあとは感じました。

ラボナもかなり強力な部類ではありますが、
追加眠剤という形なりで出る事はままあるようです。

睡眠薬での自殺はほぼ不可能ではありますが、
ここまで強力な物で無くとも全く無理では無いというのも、
現実としてあります。余り詳しくは書けませんが、
私の周りでも数名が亡くなっていますので。。。

ただ皆に共通していたのは、薬を溜め込んでいたということです。
(その気が無くても溜まってしまう事も、もちろんあります。)
また、致死量も調べようと思えばネットで調べられます。
亡くなられた方の事を悪く言っているのではありません。
あくまでも、残された側が後から知ったことです。

私は、医師の指示した用法・用量で亡くなる事は無いと思います。

fat********さん

2011/3/314:03:48

薬そのもので死ななくても、気管が詰まれば窒息死します。意識が朦朧としていれば、自分の嘔吐物でも窒息死する可能性がありますよ。お友達がそうかどうかはわかりません。可能性の一つでしかありません。

his********さん

2011/3/314:01:07

二つのお薬は、睡眠薬というよりも鎮静剤という意味合いの方が強いです。
確かに今現在の処方事情は、OD回避の為に何万という錠剤を飲まないと致死量には至らないのですが、飲み合わせや飲酒をする事により、不幸な事を招いてしまう事もあります。
私も知人がOD、その際酒で薬を流し込んでいて、3日昏睡の末、残念な事になりました。

イソミタールは飲み合わせが難しい薬に分類されるようです。
またラボナは服用量の安全域も広くありません。
このような欠点から、不眠症に処方される機会は少なくなっています。
ただ、お薬は効く効かないの個人差も大きいので、色々友人の方が飲んで試した結果、ラボナ・イソミタールが効き目があったから処方されていた、ということはありえる話しです。

この度はご愁傷様でした。
ご冥福をお祈りいたします。

uga********さん

2011/3/313:56:42

極端な話、塩や砂糖でも摂取しすぎれば死んでしまう致死量というものがあります。
睡眠薬でも多量に服用しても最悪は障害が残るだけで目的を果たせないものもあると思います。
該当する睡眠薬がどの程度の危険性があるのかは知りませんが、即効性のある致死量を服用していなくても発見される時間が遅かったりすれば死に至る場合もあるのでしょう。
見つけてもらいたい気持ちがあって過剰服用するのですが、発見が遅くて手遅れになることもあるそうですので。
どのような理由にせよお友達がお亡くなりなった事は多かれ少なかれ衝撃のあることだと思います。
あなたの心の安定と、お友達のご冥福をお祈りします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる