学校の校内放送で音楽を流すのは著作権法違反ですか?

学校の校内放送で音楽を流すのは著作権法違反ですか? よくよく考えてみると、校内放送は私的利用の範囲を 超えていると思うのですが、実際はどうなのか気になって質問しました。 そうだったら、いろんな学校で大変なことになっていると思いますが… 詳しく知りたいので、著作権についてそれを含めて教えてください。 ご回答お待ちしております。

法律相談3,058閲覧

ベストアンサー

0

著作権より日本国憲法の学問の自由が優先されます。 文部科学省の年間指導要綱の範囲なら著作権法第35条により使用できます。 しかし、この規定はクラス単位であって部活動には適応しないと言う説があります。 また、第38条では営利目的でなければ使用できると書いています。 日本最大の音楽著作権管理団体のジャスラック様の使用料規定です。 http://www.jasrac.or.jp/info/bgm/index.html 『使用料を免除する施設、利用方法 著作権法第38条1項(営利を目的としない演奏等についての権利制限)に該当しない場合であっても、福祉・医療施設や教育機関での利用、事務所・工場等での主として従業員のみを対象とした利用、または露店等の短時間で軽微な利用については、当分の間、使用料を免除しています。 』 ジャスラック様では学校法人での使用も営利目的で第38条に該当しないと主張しています。 第38条に該当しないが教育機関での利用や露店等の短時間の短時間で軽微な利用は著作権を免除するとなってます。 つまり、模擬店など露店等で営利を得る文化祭の使用も問題ないと言う事です。 ジャスラック様はとりあえず裁判になれば負ける危険性があるので、一応、タダで使わせてやるが教育目的でも音楽の知的財産権はジャスラック様にあると主張したいのでしょう。 第三十五条 学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。 第三十八条 公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お2人ともご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2011/3/5 0:32

その他の回答(1件)