母との関係

母との関係 母はネグレクト、言葉による暴力、不必要な場面で手をあげる等を私に対して働いてきました。 内容の詳細については言及しませんが。それに対し、父は優しく、私をよく可愛がりました。母は、ご飯を作らず、夜まで帰って来ないような人で、全てに文句をつけます。外出先の他人に対してもそのようなぶしつけな態度をとるので、私は恥ずかしい思いをよくします。人の悪口はもちろん、私に対する暴言もひどいです。私の部屋やゴミをあさる、後をつける等の行動を私が独り暮らしをするまで続けていました。私は、正義感が強い方で、人の悪口を聞くのも言うのも嫌な人間なので、実家にいる間は気が狂いそうでした。 私は中学生の時、身を呈してそのような母に異議を唱えました。生活態度を改めなければ、学校に行くのをやめると。 そうして、一年弱不登校となりました。しかし、母に改善は見られず、自分がこのような形で訴えかけることが、自分に不利益をもたらしている、母とはこころの中で縁を切り、自分自身を自分で信じ頑張っていこうと決めました。私は小さなころから、努力をすれば必ず結果が伴いました。母は、大学受験の時もそれまでと同様夜まで遊び回り、人のことをけなしていましたが、難関大学に入学、入学後もほぼオールAで卒業まできました。私は歯をくいしばって頑張ってきました。そうなろうとしたわけではないですが、優秀な生徒であり学生だと友人、先生に言われてきました。 これは中学、高校(一貫校)在学中からなのですが、「あんなにいいお母様を心配させないの、早く登校しなさい。」「こんなに立派になって、親離れできてよかったわね」「もうお母様を心配させてない?」などの言葉を、中学、高校の同級生の父兄、先生に会うたびに言われます。母が何をいっていたのかは知りません。ただ、腸が煮えくり返りそうになりながら、「ご心配をおかけしたようですみません」と「母に心配をかけた元不登校児」として接しています。なぜこうなるのでしょうか。母は改善の余地なく、私は母を許してもまた20年以上の恨みが込み上げます。関係をどう保てばいいでしょうか。親は大切にしたいのですが、彼女を親だと思いたくありません。

家族関係の悩み313閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

産んだから親だというわけではないと思います。産んでから親になるのです。 たまに、産んでも親になれない人がいます。よくよく考えてみれば、それはそれで気の毒な人だと思います。 子が親を大切にしたいと思うのは自然なことだと思います。 あなたの母親は、生物学的には母親なのでしょうけれど、親になれなかった気の毒な人なのです。つまり、親ではないのです。 「子供を産んだのに親になれなかった気の毒な人。だけど、私は好きになれない人」と思ったらいいのだと思います。 それではいけませんか?

2人がナイス!しています