ここから本文です

大東建託の勧誘に乗り、17年前にテナントとアパートの賃貸経営を始めました。ところが当初...

fur********さん

2011/3/1010:11:25

大東建託の勧誘に乗り、17年前にテナントとアパートの賃貸経営を始めました。ところが当初の夢のようなマスタープランとは裏腹に、地域の相場に合わせると言うことで再三基準家賃が下げられ、今回3年間空室とな

っていたテナントについて、これまでの半額にするという通告がありました。これをのまなければ契約は打ち切りとのことで、慇懃な態度とは裏腹に、全く木で鼻を括ったような対応です。しかしこの条件で契約をすれば他のテナントに付いても賃料を大幅に引き下げざるを得なくなり、全く経営が成り立たなくなります。これでは老後の生活が真っ暗です。あと13年も銀行のローンは残っており、どうしたらいいか分かりません。他のオーナーさんも同じ思いをされている方は多いと思うのですが、横の連絡はできず対抗手段は、何もありません。このまま泣き寝入りせざるを得ないのでしょうか。大東建託は同じエリア内でも、どんどん拡張しており、相場下落の一因となっています。これでは大東に首を絞められているようで、今後ますます不安です。

閲覧数:
30,769
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

get********さん

2011/3/1021:24:19

百姓がな、勤勉な百姓の心を忘れると、報いを受ける。
アパート事業で金儲けしたけりゃ、アパート事業に関して必死で働け。
土地と金を差し出すだけで金儲けできるわきゃない。
契約を理解する努力すら怠っておいて、今更被害者づらしても、どないもならんよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yas********さん

編集あり2011/3/1113:33:35

17年前、我々日本人の何割の人がいまの情勢を予知出来たでしょうか?
当時の事業試算書は家賃が上がる設定になっていませんでしたか?
そんな時代があったのです。

現実問題3年も空いているとなると、やはり相場よりもかなり高いと考えるのが妥当です。
まず大東は社内的に長期空き家に対しては会社の負担にもなるので、新築物件以上に客付けに対してこれまで力を注いで来ているのは間違いありません。

歩合比率も高い為テナント営業社員も頑張るのです。
事業用物件という観点からもアパマンよりも評価が高いので、尚更です。

また難解な物件に客付けするのは手柄なので、誰もがそれ(手柄)を狙っていたはずですから、やはり力を入れてきたと考えられます。それでも3年もの間空室という事ですから尋常ではないのです。

また、不況の長引く現代は入居するテナントさんも『家賃の安い物件』『初期費用も極限まで抑えたい』という方が昔と比べるとかなりの比重を占めているのが実情です。

家賃を下げれば周辺にある他の新築物件に対して客付けしやすくなります。

また例え基準家賃を下げても事業用物件の場合、アパマンとは家賃保証比率が異なるはずなので、入居者が入っていたほうが今よりも手取り収入はよくなるのではないですか?

私は辞めてから数年経っているので情報は古いかも知れませんが、基本はそんなところです。

ran********さん

2011/3/1019:56:36

今後の対応について、3つあると思います。
①大東建託と契約を続ける
②大東建託との契約を打ち切る
③アパートを整理する。
どれも、経営者として質問者の厳しい判断になると思います。
①を続けても、収入が減り続けるでしょう。②サブリース契約を打ち切りにして、自主管理で経営を続けていくのも難しいでしょう。③清算しても、思うような金額が出ずに、困惑するでしょう。
あえていうなら、②をおすすめします。経営努力しだいで、収益を拡大できる可能性があると思います。
借金が増えると思いますが、大幅なリノベーションを行い、地道に不動産屋に営業を行って、入居者を探していったほうが、途方に暮れるより、より実益がでると思います。あとは質問者の努力しだいということです。

chu********さん

編集あり2011/3/1015:57:00

あぁ・・・・来ましたね大東さんのオーナーさん・・・・・
原状の内容は分りましたが「今後どうしたら良いか?と言う事ですね?

まず厳しい言い方をさせて頂きます。
賃貸経営者は質問者さまです。
賃貸経営者として大東営業の話に乗り、パートナーに大東を選んだも
賃貸経営者である質問者さまです。
賃貸経営の全責任は賃貸経営者の質問者さまにあります。
結果大東を選んで失敗した責任も経営者の質問者さまにあります。
賃貸経営者としての勉強が足りなかった、経営者としての判断を
誤ってしまったと言う事です。
業社は一切責任は何もとりません。
まずこれが現実です。現実を直視して下さい。

さて次に対策ですが
これも賃貸経営者として厳しく判断を下して行くしかありません。
①大東とは手を切るのかor大東とこの先やっていくのか?(最初の難関です)
②大東とやっていくなら大東の条件を呑むしかありません。
③大東と手を切るを選んだ→では賃貸物件をどうするか?
選択肢としては
・ローンを完済できるお金があれば完済してしまう。
・別の管理会社を探し管理してもらう。
・別の管理会社にサブリースしてもらう
・自主管理で客づけは地元不動産屋にお願いする。
・任意売却に出し売ったお金でローンを返済する。
で賃貸経営からは撤退する。
などでしょうね。
正直言ってどれを選んでも辛い道です。
ですが結局賃貸経営を始めてしまった以上
賃貸経営者として踏ん張って乗り越えないといけません。
普通の会社経営者と同じ様な物ですから。

実際この問題はまだまだ表面化が甘いと思います。
この問題がもっと拡大化していれば、大東の株価もあんな高値にはなりません。
そして今も大東のあまい話に乗って建て続けている人達もいます。
レオパレスの様に赤字になったらもっと辛い現実が待っているかもしれません。

と辛く厳しい現実ばかり書いてしまいましたが、
現実を直視しがんばって下さいとしか言えません。すいません。

では以上参考までですが・・・・・

jak********さん

2011/3/1012:09:53

基本的にオーナーであるあなたに知識がなければこう言うことになるんですよ。
勧誘に乗り簡単に手を出したつけでしょう。

マスタープランと言うのはあくまでも理想的な物であって、必ずそうなるとは限りません。
地域の相場や環境、経済状況でいくらでも変わってくる物ですから、裏腹と言っている時点で名ばかりのオーナーになり下がっていたと言うこと。

結論としてはこのまま大東建託に預けていれば経営が成り立たないことがわかっているので、他の不動産屋に管理委託をしてもらうか、オーナー業を辞めるかです。

自分の物件をどうするかは自分でしか決められません。
泣き寝入りと言うのはあなたが何もしてないだけ。
オーナーとしてもう少し良く調べ考えてください。

yoy********さん

2011/3/1012:06:47

不動産業者です。
失礼な言い方かも知れませんが、よくある話です。当事者ですので、既にいろんな手法をお考えになって結果、大東の賃料保証が今の所唯一の命綱なのですね。大東さんに頑張って貰わないとそれすら危ないという事ですね。
自分で何とかするかどちらかですよね~現実問題は。うまい事儲けられると思ったのに当てが外れて悔しいですよね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる