ここから本文です

「放射線量はレントゲンと同等だから安心してください」と言ってる人は本当のこと...

kop********さん

2011/3/1514:24:31

「放射線量はレントゲンと同等だから安心してください」と言ってる人は本当のことを説明してください。レントゲンは一瞬です。

WHOの基準:1000マイクロシーベルト/年(0.114マイクロシーベルト/時) ※「これ以下が望ましい」という基準
日本平均:990マイクロシーベルト/年(0.113マイクロシーベルト/時) ※都道府県によって平均値は800台~1100台マイクロシーベルト/年と若干の差がある
世界平均:2500マイクロシーベルト/年(0.285マイクロシーベルト/時)
人体(ガン)に影響のある被曝量:200000マイクロシーベルト/年(22.831マイクロシーベルト/時)
体調に影響のある被爆量:1000000マイクロシーベルト/年(114.155マイクロシーベルト/時) ※全ての人が体調が悪くなり、人口の5%が死ぬ被爆量

※上記は全てマイクロシーベルトで記載しましたが、1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルトです。
※マスコミで報道されるマイクロシーベルトの値は、大半は「マイクロシーベルト/年」でなく、「マイクロシーベルト/時」です。
※CPMで表記しているサイトも見かけますが、100CPM=1マイクロシーベルト/時です。
※アルファベットでの表記は、マイクロシーベルト/時=μSV/h、マイクロシーベルト/年=μSV/y、ミリシーベルト/時=mSV/h、ミリシーベルト/年=mSV/yです。

「放射線量はレントゲンと同等だから安心してください」などと言っている人がいますが、レントゲン並の放射能を年中受け続けて、平気なわけありません。
レントゲンで受ける放射能は一瞬です。
なぜその事を隠す?
今すぐ関東から避難すべきです。

閲覧数:
32,781
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sol********さん

2011/3/2220:53:44

シーベルトと一言に言っても、その母数がどういった単位なのかによるみたいです。
例えば「レントゲンを1度受けると600マイクロシーベルト」といわれますが、それはレントゲン1回分の放射線量です。

それに対して、現在東電が発表しているシーベルトは1時間あたりですから、例えば0.6マイクロシーベルトを1000時間(1ヶ月ちょっと)浴びるとレントゲン1回分の放射線量を被曝するということになります。

ちなみに、放射線被曝量と人体に対する影響は、以下のようになります。
4シーベルト 死ぬ
400ミリシーベルト 白血病
1ミリシーベルト(1年) 法律で定められた限界

これに基づくと、レントゲンと同等の600マイクロシーベルト毎時の放射線量であっても、1000時間(1ヶ月ちょっと)浴び続ければ、白血病になる危険があるということです。

以下のサイトで詳しく紹介しているので、ぜひ呼んでみてください。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=247320
http://takedanet.com/2011/03/post_b9fc.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gre********さん

2011/3/2010:22:36

報道で放射線量はレントゲンと同等だから安心してくださいは間違ってはいませんが
肝心な部分が抜けています。現在の報道は体外の場合であって体内に入ると
話は別です。レントゲンは放射線は出ますが、放射性物質は出ません。

pph********さん

編集あり2011/3/2007:59:52

報道などをよく聞いてみてください。
「すぐには」とか「ただちに」とか言っていますよね。
不思議に思いませんか?では、いつなんだという話ですね。

質問者さんのおっしゃる通りで、レントゲンは、放射線を浴びるんです。一瞬。
しかし、怖いのは放射性物質を体に取り込む体内被曝です。それは、取り込むと体の中で放射線を出すから。これを蓄積といいます。これがあるから「すぐには」とか「ただちに」という。
これは肺に吸着することがある。つまり、体の中に入ったら距離なんてゼロですね。
放射線量と、放射性物質は異なります。ここが重要。

しかし、関東(どこか存じませんが)から避難というのは、おおげさであると思いますね。
私も、まだ逃げるレベルではないと思っているし、どうせ逃げるなら遅すぎる感もある、つまり、今逃げても変わらない。逃げるなら前にやるべきと。私は東京、因みに荒川区にいます。
70を超えた父が、バカバカしいと言っています。普通に会社に行ってます。60を超える母も、たばこを吸いに普通に外へ。彼らくらいになれば、そんな影響ないでしょうから。私は、不要不急の外出は避けていますが、外に行かなければならないこともあり、マスク等して行っています。父や母は、そんなのしていません。父は「韓国に知り合いがいるので、連絡をとってやるぞ」と言っていましたが、私は韓国語を話せませんし、日本人なので向こうに行っても何もできません。それに、ここにいたいですし。行政等の許可が下りれば、被災地(岩手や宮城や福島や茨城等)へボランティアにでも行きたいと思っています。

長期的に影響を及ぼす(私も若いですので、私くらいかその下が特に影響)ことはあるでしょうね。

mer********さん

2011/3/1911:36:40

馬鹿ですか?

文科省の数値など、政府側だから架空の数字ですよ。


実際の数値は、発表の10~30倍だと思ってください。

spa********さん

編集あり2011/3/1912:38:31

報道されてる数値って、まさに原発の敷地内の放射線量じゃなかったですっけ


文科省・・・
放射線の観測情報
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303723.htm

これで計算すると
一番高い観測値の茨城県で41日間屋外生活をすると、レントゲン1枚分のようです。

現在の福島県内20~60kmの線量は最大で10μシーベルト/hのようです。
20時間の屋外生活でレントゲン1回と同じ線量のようですね。
http://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm

kao********さん

編集あり2011/3/1919:00:29

分かりやすく説明されています
http://www.youtube.com/watch?v=tziLt7ksN7k

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる