ここから本文です

停電時、発電機の交流100Vを

mai********さん

2011/3/1623:09:03

停電時、発電機の交流100Vを

分電盤の2次ブレーカー(LDK用)側に接続しても問題ないでしょうか?
見た感じですがパナソニックの家庭用分電盤で2次ブレーカー正面に供給できる穴(検電用)がありますがここに接続すれば良いですか。

勿論複電した時のためにメインブレーカーは落とします。

作業は電気工事の資格者の弟がやりますが、兄としては事前に調べようかと思ってます。

発電機の容量に問題はありません。

補足メインブレーカーを落としても逆送電するのですか?

電圧不安定はわかります、実際に供給するその2次ブレーカーはLDKの蛍光灯しか供給してません。

閲覧数:
3,127
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fan********さん

2011/3/1705:21:48

弟さんに聞くのが一番早いですよ。

安全ブレーカーから一旦Fケーブルを抜き、コネクター等で延長し、発電機に差し込んでください。

発電機の容量を超えないようにしてください。ヒューズが切れて給電出来なくなります。

それと、発電機により発電された電気は不安定ですので、商業用電力と同じ感覚で使うと家電品によっては不具合が生ずる場合もありますので気を付けてください。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryu********さん

2011/3/1716:33:16

メインブレーカーの前に切り替え開閉器を付けるべきです。
メインブレーカーを落とすだけでは、うっかりミスを防げませんから危険です。

nic********さん

2011/3/1715:17:37

資格があっても充分な経験が無ければただの紙切れです。

もし経験があってプロならば弟さんに任せなさい。
どの方法が一番いいのか判っている筈ですし自分で管理できるのならば責任も取れます。

ペーパーライセンスならば私たちプロはやめなさいとしかいえません。
間違いが無いとはいえませんね、もし家族の誰かがブレーカーをONしたら困ります。

nee********さん

編集あり2011/3/1712:46:20

使用はできますが大変危険なことです。できればそのようなことを「しない」事をお勧めします。
自宅はもちろん、外部へ逆送電させ感電事故発生の恐れが多分にあります。

補足分
「OFF」であれば、逆送電はしませんが、ワン動作で事故の発生します。

nnr********さん

編集あり2011/3/1715:29:54

電圧変動の大きい普通の小型タイプ(インバーターを除く)はやめましょう。ちなみに私は2日前、電圧変動の大きい普通の小型タイプの発電機をファンヒーターとCDラジカセに繋ぎ2台ともダメにしました。

LDK用回路のブレーカーから電線を外しその線を延長し発電機との間に20A以下のブレーカー設置し接続するのがベストではないでしょうか。万一のことを考えて供給側等と完全に分離することをお勧めいたします

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる