ここから本文です

心温まる「1杯のラーメン」避難所で無料提供ってどう思います?(感謝!)

yuu********さん

2011/3/2612:12:46

心温まる「1杯のラーメン」避難所で無料提供ってどう思います?(感謝!)

東日本巨大地震の被災者に温かいラーメンを食べてもらおうと、東京都文京区湯島の人気ラーメン店「阿吽(あうん)」の店主、水本タケヒロさん(38)らが、被災地の避難所でラーメンの無料提供を始め、「心も温まった」と喜ばれている。

今後1年間は規模を拡大しながら続ける方針。全国500店以上のラーメン店から協力の申し出もあり、ラーメンを通じた支援の輪が広がっている。

「心温まる1杯のラーメン。最後のスープまでありがたくいただきました」「久しぶりの温かいラーメン。この味は忘れることはできません」。テーブルに置いたノートには、こんな書き込みが相次いだ。

23日昼、宮城県気仙沼市立鹿折(ししおり)中学校の避難所となっている体育館。寒風にさらされる屋外で、水本さんを含む6人のラーメン店主らが提供した約800食の豚骨ラーメンには300メートルの行列ができた。家を失い、憔悴(しょうすい)し、震えながら避難生活を送る大人や子どもたちは、温かいラーメンをすすると笑顔を見せてくれた。

「いとこが被災した阪神大震災では何もできなかった」と水本さん。「今の自分ならラーメンで支援ができる」と、知り合いのラーメン店主らと「ラーメン義援隊」を結成し、ブログやツイッターで賛同を呼びかけた。

有名ラーメン店からチャーシュー、製麺会社から麺、「一緒に現地に行きます」という店主など、北海道、博多、東京など500店以上から協力の申し出があった。第1陣として17~18日、気仙沼市に詳しい仲間が同市内で被災者に提供。水本さんは22~24日の第2陣に参加した。食材、プロパンガス、水……。必要なものはすべて持参。風で火が安定せず、お湯を一定の温度に保つのに苦労した。

23日夜。ラーメン作りを終えて片付けをする水本さんたちの周りに避難所から60人近くの人たちが集まった。

「我々は頑張ります」「ありがとう」。何もかも失った人々からの感謝の気持ちが心に染みた。「気仙沼を必ず元のきれいな街に戻すので、見ていて下さい」。あるおじいさんの言葉は力強く、決意がみなぎっていた。

「ラーメン屋であることが誇らしい」。今後も気仙沼市内だけでなく、南三陸町や石巻市など被害の大きい場所で東京の店との間を行ったり来たりしながら、賛同する仲間たちと続けていく予定だ。

(2011年3月26日09時23分 読売新聞)

閲覧数:
944
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sou********さん

2011/3/2612:23:32

吉野家もイベント用の一度に300食作れる車があるので、その車で一日3回約1000食を被災地で振舞っているそうです。すべての被災地を回れる訳ではありませんが、本当に嬉しいしおいしいでしょうね。

質問した人からのコメント

2011/4/2 10:37:51

成功 ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cho********さん

2011/3/2612:40:44

毎日冷たい握り飯ばかり食べている避難者が少しでもほっとしてもらえるのならすばらしいことだと思います。
ただ、その避難所の全員に行き渡らずに、食べられなかったという人が出ないことを願うのみです。

reb********さん

2011/3/2612:19:36

海外ではあり得ません。素晴らしいことです。私は現地に行くことができませんので、義捐金を少額ながら寄付しました。日本人は家族なんです。だから逆にシナは日本が怖いのでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる