ここから本文です

ギターアンプの昇圧について。(100v~120v)私は、かれこれ10年ぐらい...

str********さん

2011/3/2708:10:46

ギターアンプの昇圧について。(100v~120v)私は、かれこれ10年ぐらいENGLのサベージ60というアンプ(ヘッド)を愛用してきました。 最近、ふと「ステップアップトランスって昔から聞く名前だけど、使ったら良い音が鳴るのかな」と思いました。それで↓

1、アンプのヘッドの裏に「100vー120v」と書いてますが、これは「100vでも十分に性能が出ますよ」ってことなのか、「電源が120vの方がもっと性能が引き出せるけど、100vでもそこそこ使えますよ」ってことでしょうか?(電源関係は改造してないので、上記の表記がある場合、ステップアップトランスを使っても問題ないですよね?)
2、実際に海外のアンプの昇圧をされている方は、是非効果の印象を教えて下さい。 (音量、音質、音ヌケ、ノイズ)
3、もし買うとすればエレハモのEHUー600(品番間違ってるかも知れません)で考えてます。(オススメのものがあれば教えて下さい)使用の際は電源タップに挿して使うことになっても問題ありませんか?(基本的には元電源に挿したいですが)
以上の3点の質問ですが、機材に詳しい方、是非宜しくお願いします。
詳しくなくても「それ、あんまり意味ないよ」や「大音量の時に気持ち良いぜ」的な意見も下さい。
私の音に対しての悩みは、今使用しといる機材達のノイズも無く、音も太いし、ヌケもそんなに悪くないのですが…どうも遠くで鳴ってるように聴こえてしまう様に感じる時があります。バンドでは音が埋もれている時はミドルを上げたりの処理はしているので、音ヌケは改善すれのですが、パワー負けしない安定感みたいなモノが欲しいです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
9,372
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wil********さん

2011/3/2710:05:50

確かに電源を昇圧すると、アンプ本来の持っているパワーを引き出せる可能性は
ありますが、当然ながらアンプによっても違いますので、実際にはやってみないと
分かりません。

あと電源電圧以上に影響があるのが、電源周波数です。
アンプの多くはアメリカの電源(117V/60Hz)に合わせてありますので、
東日本では周波数が合わずアンプの効率が落ちます。
(同じ電圧なら、周波数が下がると消費電流も増えます)

さすがに周波数の変換は並の機材では出来ないので、こればかりはお手上げです。
自分は関東住まいなので、60Hzの地域にお住まいの方がうらやましいです。
(質問者さんはどちらでしょうか)

質問した人からのコメント

2011/3/28 12:33:10

驚く 皆様とても詳しくて何回も読みました。実際に使用してみないと効果の程は分からないのですね。昔、アンプの電源コードを某ケーブルメーカーのものに交換した時に、歪みの深さと低音の出力が変わりましたが、そこまでの変化はなさそうですね。ですが、気になったからには試す価値がありそうですね!皆様ありがとうございました。私は関西在住です。ベストアンサーは悩みましたが一番シンプルでしたので、こちらの方になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yh_********さん

編集あり2011/3/2808:39:58

北米仕様117Vの1966年製Fender Vibrolux Reverbを45年100Vで使っています。(真空管も含めフルオリジナル)
ギターアンプの自作、修理、音色追求等もやっていて昇圧による効果等のテストもしてみました。
100Vダイレクトの音色が良い。
117Vととの違いはVR目盛の0.2程度(117にすると音量が上がるが100VでVR目盛0.2上げれば同じ音量、同じ音色。
良質の昇圧トランスを使ってのテストで下手なトランスやスライダックでは音色劣化。(残響音が付くこともある)

周波数は50/60Hz の差も主な駆動電源は直流化してしまいますので関係ありません。

ステップアップトランスは単に昇圧トランス(ステップダウントランスは降圧トランス)の意味です。

100~120Vは電圧適用範囲、そのまま理解して下さい。(実績が示しています)
北米と日本向け共用、取説に明記されています。http://www.engl-amps.com/cms/fileadmin/user_upload/Manuals/English/...

レビュー等で「ランプが明るくなる…」等は当たり前のこと。

昇圧したくなったらサウンドハウスのhttp://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?s_maker_cd=&s_categ...

本件とは関係無くセッティングのテーマ、アンプスタンド等でスピーカーの向きを自分に当てることで実出音を感じながら演奏することをお奨めします。

最も基本的なギターアンプの取り扱い方、自分の音色確立が基本です。

良い音色を得る方法;

先ずアンプダイレクトの自分の音色確立、アンプを斜めにしスピーカーに対面し音決めする。
Bass;適度な太さを得る(多すぎない事)
Mid(付きなら);6~8(多すぎない事)
Treble;色付け程度(多すぎない事)
Master(付きなら);常時Max
これが最重要、全ての基本、都合でアンプが替わっても自分の音色を短時間に設定できる。

この状態でエフェクタを接続する。バイパス時はこの音色。(アンプはいじらない)

taj********さん

2011/3/2708:25:53

【100v~120vの間で使用して下さい】て意味です。
その電圧内であれば正常な動作を保証するってだけです。

ただ、基本的には電圧下がるとSNが悪くなりますし、パワーアンプの負担も大きくなりますので、低いよりゃ高い方が駆動は安定します。

電圧よりも電源の波形ですね、重要なのは。
波形の乱れがダメな要素です。
クリーン電源とか、商用電源とか、専用電源、単独電源、単独回路…そういったキーワードでお調べ下さい。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる