ここから本文です

品川区上大崎2丁目の旧町名が上大崎長者丸町であることを知りましたが、大きな家...

yoh********さん

2011/4/817:35:43

品川区上大崎2丁目の旧町名が上大崎長者丸町であることを知りましたが、大きな家が立ち並ぶので、お屋敷か何かあったのでしょうか?この長者丸という地名の由来についてどなたか教えて下さい。

私は撮り鉄の初心者で目黒駅近隣に勤務してますが、山手線の目黒と恵比寿の中間点にある埼京線が山手線の下をくぐる形で交差する地点(伊藤ハムのビルの真下)附近の撮影ポイントである踏切へでかけ、その踏切の名前が「長者丸踏切」ということを表示看板から知りました。好奇心旺盛な私は山手線の内側の閑静な住宅街を進んでいると、古い個人宅の表札に上大崎長者丸町とあるのを見つけました。道の左右にとてつもなく大きな個人住宅があり、あたり一帯は別次元の雰囲気を醸し出していました。

閲覧数:
2,011
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pul********さん

2011/4/817:57:31

長者丸は、江戸時代に今里村に属しており、明治二年(1869)に白金村に合併された地域である。明治二十二年(1889)に上大崎村に合併され、品川区の一部となったものである。
「文政町方書上」によると、応永年中(1394〜1427)白金に移住し、白金長者と呼ばれるようになった柳下上総之助の子孫が、元和年間(1615〜1623)に村名主を勤めることになって白金台町に転居し、その旧居住地を字長者ヶ丸と呼ぶようになったという。
「長者丸」の由来は、白金長者の「長者」と、中近世の城郭(館)を意味する「丸」から名付けられたものであろう。
現在の上大崎二丁目一〜十番にかけての一帯が「長者丸」と呼ばれていた地域である。(品川区教育委員会 品川区史料(十三)「品川の地名」)
という資料が見つかりました。

質問した人からのコメント

2011/4/11 07:26:59

降参 大変分かりやすいご説明をいただき、ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる