ここから本文です

質問させて頂きます。遮光器土偶には、片足がないのは何故ですか?

revivallightmythさん

2011/4/1000:11:07

質問させて頂きます。遮光器土偶には、片足がないのは何故ですか?

閲覧数:
4,612
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/4/1000:34:42

有名なつがる市亀ヶ岡遺跡の遮光器土偶は左足が欠けていますが、遮光器土偶そのものは東北各地から出土しており、足だけではなく腕や肩が欠けたものもあります。
破片が近くに見つからないので、地中で割れたのではなく、意図的に割ったものと考えられます。
想像でしかありませんが、怪我や病気の呪い返しのために、患者の傷めている患部を割ったものと考えられています。
必ずしも土偶は破壊されるわけでもなく、ごく一部には完全な形で残っている土偶もあります(90円切手のハート土偶なんか)から、絶対視は危険ですが。

質問した人からのコメント

2011/4/10 16:15:58

降参 皆様、大変ありがとうございました。どれも、素晴らしい回答ばかりで、よくわかりました。また、宜しくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/4/1001:08:38

土偶という非現実的で奇怪な形をしているものを、縄文人は何の目的でつくったかは不明です。この土偶の意味については2つの説があります。

一つは縄文人が「繁殖」や「豊穣」を祈る呪術のために必要としたもの。土偶の多くは女性特有の特徴(乳房や腰回り)を持っており、子供を産む女性を生産やシンボルとしてとらえ、それを土偶として祀ったもの

もう一つは、土偶は不完全な形で発見されていることが多いことから、この土偶を「形代」として呪術として用いたのではないかというものです。病気や怪我した人が病気平癒を祈るため、自分の身代わりのつもりで土偶の一部を壊し、回復を祈ったというものです。

ただ遮光器土偶や他の土偶のように一部が欠損しているものもあれば、欠損していない完全な土偶も発見されていることや、女性の姿をした土偶が圧倒的に多い(怪我や病気をする確率は男女堵も変わらない)ことから、一部欠損=病気平癒のためであるという意味とする説明はつかないでしょう。さらに一部の土偶には体内に子供の歯や骨をうめているものもあります。これは死んだ子供の再生を祈ってつくられたのかもしれません。

いずれにしても土偶は呪術行為のためにつくられたのかもしれませんが、その形だけではなく、使用法は多岐にわたっていたのかもしれません。

granzootさん

2011/4/1000:27:17

破損した土偶は主に墓などの周辺から出土していて魔よけやシャーマン的な世界との交信というような意味合いで使われたと考える人が多いです。
ただ破損してない土偶もかなり多いので必ずしもそうとは言えず信仰対象を模ったものである可能性が高いということくらいでしょうか断定できるのは・・・・。

alteredstさん

2011/4/1000:18:57

なにか呪術的な意味を込めて、意図的に破壊されているようです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。