進研ゼミ受講法

進研ゼミ受講法 小6の保護者です。 小5の3月より飛び級で進研ゼミを受講しました。 「チャート式」の要素を含むものを、と思い 難関私立中高一貫講座を受講。 発展の難しい問題はさせていません。 志望校は熊本高校ですが、これはやりすぎでしょうか? せめて普通の「中学講座」に変更すべきでしょうか。 どうぞご回答よろしくお願いします。

目の病気1,540閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

公立中学生のための「進研ゼミ中学講座」のうち中1・中2の課程については、かなりゆっくりめの進度で無駄もやや多くなりますので、わざわざ受講するまでもないかと考えています。一方、「進研ゼミ(難関私立)中高一貫講座」は、やはり中学受験を経験した層を対象にしているだけあって、教材等に目の肥えた保護者に耐えうる教材を提供しているように感じます。受講料に見合ったコストパフォーマンスも優れているかと思います。定期テスト対策については、「中学講座」の教材を流用していますし。 「中高一貫講座」について、数学については、中1の段階で中2まですすむ進度になっています。『体系数学1 代数編/幾何編』を教科書として、これの確認・演習として使用するという手もあるかと思います(「体系数学タイプ」を選択)。 ただ、小6のお子様としてはちょっと難しいところがあります。小5の12月からの4ヶ月間で『とってもやさしい数学 中1/中2』について一通り終わっているということが1つの条件になってくるかと思います。 レベルについては、「難関ハイレベル」コースのほうで、『チャート式体系数学』の水準かなぁと考えています。講座名の前に、「難関私立」というネーミングがついていますが、実際は中堅から上位の私立中学生が多く受講していますので。 英語については、中1の段階で中2の前半までの内容で、これも中1英語をざっくり終わっていれば、それほど厳しいものではないと思います。『スタートでつまずかない中学英語』(くもん出版)を1冊仕上がっているレベルがあれば十分かと思います。 中2「難関スタンダード」でおよそ公立中学3年間で学習する内容を終えることができます(結果、数学と同様2年飛び級になります)。 理社については、付録という形での対応のようです。中学に進学して、中1・中2の段階では学校の授業と定期テスト対策が中心になりますので、今の段階は中学入学後の定期テストに向けた教材をもらっておくということになるだろうと思います。 あとは、習い事等により時間が限られていると思われますので、英数を中心に時間をやりくりしてもらえればと思います。十分に時間のやりくりができているのなら、「中高一貫講座」はやりすぎではないと考えています。 なお、Z会については、eihanakoさんも書かれているとおり、「中高一貫コース・トップレベル」以外については、それほどレベルも高くはないように思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

eihanakoさんもありがとうございました。参考にさせていただきます!

お礼日時:2011/4/16 17:45

その他の回答(1件)

0

やりすぎではないと思います。 むしろ熊本高校なのにそれだけでいいもんなんだ・・。 という感じです。妹が国立中学に以前まで通っていてZ会が教材の雰囲気がなぜか合わないらしく進研の難関私立をやっていました。国立なので進度は遅く、意外と難しく感じたらしいですが、私がその教材を拝見しましたところ、基本から標準のレベルだと正直感じました。 かといってZ会でも私がやっていたころは上のレベルでもそんなに難しくはありませんでした。高校受験用ではなかったからかもしれませんが。 私の高校の先生で修猷館を卒業された先生がいらっしゃいました。偏差値的には同等なので話を参考にしてください。 高校受験は大学受験と違い、参考書や問題集でも何をやればいいのかよくわからなかった。友達の事情で修猷館を受けることを決意して塾に通って死ぬほど頑張った。その友達がいなかったら今の自分はいないと思う。あの人がいたから頑張れた。 ということです。受験というものは第一に情報戦です。もちろん自分の努力も大事ですが。塾のほうが周りの偉い人たちに刺激されてモチベーションも高まると思います。上位は九州方面だと鹿児島ラサールとか久留米大付設を目指す子もいるのではないでしょうか。 あと、進研の教材のカラーや付録などにもし子供さんが気を取られているとこの先が怖いです。特に大学ではほとんどが白黒印刷の教材ですからZ会のような2色刷りならまだしもカラーカラーと言っていると先がちょっとあぶないかなと・・・。