ここから本文です

乳ガンの放射線治療の事で質問です。 母の事なんですが、先月左胸に癌が見つかり...

jmp********さん

2011/4/1022:26:04

乳ガンの放射線治療の事で質問です。
母の事なんですが、先月左胸に癌が見つかり、全摘の手術をしました。 右胸も疑わしかったので、その時細胞をとり調べたところ、こちらも癌が見つかりました。ただ、左に比べるとかなり小さくおとなしい癌との事で、全摘ではなく部分切除でいいと主治医から説明を受けました。
そこで、母は放射線治療を希望したのですが、主治医曰く『放射線治療をやってもその部分が小さくなったかどうかは分からない。だから切った方が確実』との事でした。
素人からしたら、放射線治療後に、エコーやCT、MRIなどで見れば分かるのでは?と思ってしまうのですが、この主治医がおっしゃってる事は事実ですか?

日本で技術が1、2位と言われているガンセンターですので、信用はしたいのですが…
どなたか詳しく説明を宜しくお願いします。

補足細胞をとった箇所は、エコーで白っぽく写ってるとこ(乳首より下)ではなく、乳首のあたりの細胞をとったようで、そこからガンが分かったみたいです。今日も主治医に放射線治療の話をしたら、『前回とった時にガンが全て取れたかもしれないし。白く写ってるとこが確実にガンかどうか分からない。だから放射線を照射出来ない。してもしょうがない。』
との事でした。ガンって、開けてみないと分からないって事なんですか?

閲覧数:
665
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nat********さん

編集あり2011/4/1209:19:06

主治医の言うとおりです。

かつては乳腺を全部とってしまう手術が標準的な術式として行われていましたが、近年は乳腺を温存する手術も行われています。この場合は、基本的に温存した乳腺に対する放射線照射がセットとなります。

患者さんが選べる局所治療の選択肢は
・ 外科手術単独(但し、温存は不可)
・ 外科手術(温存)+放射線治療

この二者です。根治治療(がんを治しに行く治療)を望まれるのであれば、放射線治療単独で手術を回避する方法は選択肢に登りません。


[補足を受けて]
癌は開けてみないと分からないというか、ある程度広く切らなければ癌の広がりが分からないという方が正しいかな。
白く見える部分(?)のどこまでが癌で、何処からが癌じゃないのかが分からないのです。それ故に、癌を取りきるためには映っている範囲を広めにくりぬく必要がある、という事だと思います。

手術をOmitして、放射線だけで根治を狙うという手法は十分なエビデンスがない、というのが正直なところでしょう。
もし局所が制御できなかった場合、他の方法を選んだ結果責任が伴います。現状でもっとも癌を制御する確率の高い方法を患者さんにリコメンドするのが医師の役割ですが、患者さんが十分に理解した上でそれを望まない(制御する確率を犠牲にしてでも他の方法を選びたい)のであればしょうがないとは思います。

質問した人からのコメント

2011/4/15 13:00:55

詳しいご回答ありがとうございます。
母もnatsumikan_sukiyoさんの回答を読み、覚悟を決めたようです。

前回は術後から1日程度、身体がかなりキツかったようで、放射線治療が出来たらなぁと思っていたようです。
来週、母と一緒に病院に行ってきます。
ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる