ここから本文です

大学は学問の基礎を勉強するところなので何を勉強しても将来たいして変わらないで...

hok********さん

2011/4/1518:22:52

大学は学問の基礎を勉強するところなので何を勉強しても将来たいして変わらないですか?

閲覧数:
88
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/4/1521:47:29

どのくらい大学で勉強にウェイトを置くかによりますよね
学部によっては専門的知識を学ぶし、講座によっては極めて専門的・応用的なものも学ぶので学部は選んだ方がいいと思います

一般的な就職なら経営や経済学部とか、グローバル化も進んでいるので国際系の学部がいいかもしれませんね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

x97********さん

2011/4/1518:38:39

それは、個人個人の価値観にお任せするしかないですね。

苦しい受験勉強から解放されたにも関わらす、大学でも前期、後期試験が有ったり、進学振り分けが有ったり、ハタマタ学部によっては国家試験を受けたり、大学院進級試験を受けたり、様々な関門が待ち構えています。

学問の基礎の中でも、様々な手法が有ったり、より具体的なテーマに関して深堀をするところが大学と言う、教育研究機関です。

更に言えば、4年間のモラトリアムだと言う評論家の方も居ますし、反対に社会競争の実験場だとする評論家の方も居ます。

だから、後で振り返って見ないと分からないかも知れませんが、何らかの目標やテーマを持って入学した人は、後で専門家として大成して居ます。また、回りが入学するからと、受動的に入学した方は、せっかく受けた教育が無駄になっている事もあります。

では。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる