障害児の中学からの進路。 比較的軽い障害のある子供は特別支援学校が妥当なんでしょうか?

障害児の中学からの進路。 比較的軽い障害のある子供は特別支援学校が妥当なんでしょうか? 調べると、支援学級に在籍している軽度の発達障害児(知的ボーダー、軽度自閉症)でも受け入れてくれる私立中学高校があることがわかりました。 うちは一人っ子だから頑張れば私立中学高校でも可能ですが、やはり公立の支援学校のほうが良いんでしょうか? 現実問題、最終学歴が支援学校ならアルバイトをしようにも落とされますよね。 障害者枠で就職も激戦です。 軽度障害のお子さんをお持ちの方、どうお考えでしょうか?

小学校27,196閲覧

4人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

5

うちはまだ小学生ですが将来の進路は考えます 地域差がありますから一概に言えないのですが 支援学校だと社会との接点が極端に少なくなるし うちの場合、電車通学になるので地域から離れてしまいます でも就職のことを考えれば支援学校の方がやはり実績もあるし スキルアップをしてくれるので子供の将来を考えれば有難い環境ですよね 今は発達障害にどこの学校も関心があります 少子化ですから、特性を持った子供を受け入れる私立も多いですよ 夜間高校でもそういった方は多いそうです 夜間は人数が少ないため決め細やかな指導をしてもらえるとも聞きました そこそこ学力があるならそういった学校を選んで 就職はハローワークのジョブコーチ制度を活用されるといいと思います 就職先との橋渡しをしてくれるので、就職後に問題が起こっても 間に立っていっしょに考えてくれたり、 会社側の担当者とどうしたら仕事がしやすくなるかなど 離職しないようにいっしょに考えてくれます。 うちの県では県立の支援高等学校があります 軽度の方が行かれるようで、県外からも来られています 全寮制で入学から就職に向けたカリキュラムが組まれています なので就職率100パーセントです あと障害者の職業訓練校もあります。 私は就職はもちろん目標ではありますが まずは社会性を身につけていないと就職してもうまくいかないので 必ずしも18才時の就職は望まず、アルバイトでも作業所でもいいので とにかく社会性を磨いて自信をつけてから就職させたいですね

5人がナイス!しています

その他の回答(8件)

7

現実、私はその悩みに一昨年に直面しました。 養護学校という中学校卒業後の進路もあります。 受け入れて貰えるなら私立高校も考えました。 この先、軽度であるが故に国からの保障など一切なく自分の力で生きていかなければならないし、親である私にも寿命というものがあります。 重度の方の親御さんから見れば贅沢な悩みに感じることでしょう。。 現実は学力も小学1年~2年で漢字どころかカタカナや平仮名すら鏡文字です。 養護学校を出たら定時制の高校へ行ければと思っていました。 結果、我が子は今定時制に通う高校2年生で今年で17歳になります。 そして、ファーストフード店でバイトしています。 これは我が子が決めていった進路、我が子が決めていったバイトです。 一昨年、原因不明の不正出血や生理不順など神経から身体のあちこちがおかしくなり‥ でも一番不安なのは本人で、こわい‥と打ち明けられて抱き締めて二人で泣いたけれど、今となれば親子のいい思い出です。

7人がナイス!しています

3

私もいわゆる軽度の発達障害を持ち、一般的な就職をしていますが、まず、障害等全く関係なく、アルバイトをしながら社会経験を積み、家でゆっくりすごしながら就職していけばいい…という考えでは、どんなに健常、優秀な若者でも現在はアルバイトから正社員になることすら困難な時代です。 何が何でも就職する、どんな手を使ってでも、例え支援や手帳という手段を使ってでもどこかの会社に入り込む、そのくらい腹をくくらなければ今の時代、就職出来ません。先日の震災等の影響で、どんどん経済状況も悪化しています。 逆に、どんな企業でも正社員として働いた経験があれば転職は比較的バイトから正社員を目指すよりしやすいです。 まず確認が必要なのは、お住まいの地域の支援学校は手帳なしでも進学可能かどうかです。手帳がなくても入れる地域であれば、就職訓練としての教育をうけながら一般就職(障害枠に限らず)できる場合があります。 逆にお子さんの状態では手帳がとれないなら一般高校もしくは定時制・高卒認定試験等で頑張りながら就職を模索する必要がありますし、手帳がないと支援学校に入れない地域なら手帳取得と障害者雇用を視野に入れていく必要があります。 ハローワークで一般・障害問わず就労の相談に乗ってもらえます。私も新卒時から、一般の就職サイトを4つくらいに加え、学校の就職室・ハローワークなどあらゆる手段を活用しました。 発達障害者は凹凸の能力を平らに均して道を見つけようとしても絶対上手くいきません。 例え10人並み以下だろうが、その子の中で一番か二番に凸の部分に目を向けて下さい。その力がきっと、生き抜くための一本槍となって将来の突破口を作ります。 「人並みに」…は絶対に厳禁です。 人並みに拘る事が、一番可能性を閉ざします。 補足、 是非私立中高の発達障害生徒の進路先、地元に高等支援学校の有無と進路先を調べ、比較もされてください。

3人がナイス!しています

1

自分の子がそろそろ進路を考える年齢であるなら支援学校を選択すると思います。(見学した印象から) ただまだ小学生にもなっていないので、進路選択まであと10年あります。子どもの状態は変わらないとしても、私立の中高を含め学校の方が変わっていく可能性が大きいので、まだまだ様子見です。 発達障害の診断が下りた子が増え始めたのが10数年前。 その子たちに合わせるように私立などでも受け入れが増えてきて公に募集しているのを見かけるようになりました。今は1割が何らかの障害を抱えている子だと言われているので、世の中の1割が障害に合わせた学校だったり就職先が存在しないとあぶれる子が出てくるので、きっと今から10年の間にも高校が(就職先を含め)変化していくと思っています。私立の学校については受け入れ校が増えていって社会に認知されて活路が増えるかもしれないし、就職先を含め進路が絶たれるので人気が無くて廃校あるいは現実的に受け入れができなくなっていくかもしれない。そういったことも含め様子見です。

1人がナイス!しています

1

中二の息子が高機能自閉症です。私の地域では今年から支援級からの公立、私立の普通高校の受験が可能になりました。高校での支援は個別ではなく、ピンポイント支援になりますが、手帳を持たない軽度の子供には選択肢が広がったように感じます。小中高と連携して支援を受けて、卒業後は職業支援や訓練を受けて就職を探すことになると思います。

1人がナイス!しています

1

先生や先輩は如何されましたか?少しでも知っている人が居た方が、落ち着くと思います。

1人がナイス!しています