ここから本文です

傷害罪はどこからが傷害罪ですか? 胸倉を掴まれたなどは含まれないですか? ...

sam********さん

2011/4/2700:31:03

傷害罪はどこからが傷害罪ですか?

胸倉を掴まれたなどは含まれないですか?


あと、こちらが悪い場合でも殴られたり胸倉を掴まれたりしたら相手は傷害罪となりますか?

また傷害罪についての罰則等も教えて下さい。


詳しい方宜しくお願い致しますm(__)m

閲覧数:
93,269
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xhx********さん

編集あり2011/4/2701:10:26

傷害罪と暴行罪の違い
(傷害) 第二百四条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

(暴行) 第二百八条 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

((胸倉掴まれて暴行罪10万円は示談でとれます))


さて傷害と暴行の違いですが、傷害のほうが重い罪だということを知っている人も多いと思います。条文に書いてあるように暴行を加えて傷害が発生すれば傷害罪、発生しなければ暴行罪となります。

まず傷害とは何かということですが、学説は大体3つに分かれており、
A説:身体の完全性の侵害(例:体に傷を負わせる、髪を切る)
B説:生理機能の障害(例:体に傷を負わせる、体調を悪化させる)
C説:生理機能を障害しまたは身体の外形に重大な変化を生ぜしめること(AとBの折衷説)

学説ではC説が有力ですが、裁判所はB説をとっているとされています。この根拠としてよく引用されるのが、女性の髪の毛を根元から切る行為を傷害ではなく暴行とした判例です。(大判明治45年6月20日)髪の毛を切っただけでは生理機能は害さないと言ってます。
ただし同じく女性の頭髪を根元から切断した事例で、こちらは判例ではなく裁判例ですが、傷害罪に当たると判示した例もあります。(東京地判昭和38年3月23日)
前者の例は明治時代の大審院(戦前の最上級の裁判所)による判断なので、今の日本で女の人を丸坊主にするようなことをしたらもしかしたら傷害になるかもしれません。ただ判例は具体的な事件について判断したものなので、どのように切断したか、などで判決が変わることは十分考えられます。


そして暴行を加えなくとも傷害罪は成立します。毒を飲ませて下痢を起こさせたりとか、嫌がらせ電話をしつこくかけて精神障害を起こさせた事例で傷害罪を認めています。今回の奈良の事件は被害者が騒音のために不眠や頭痛、めまいを起こし、約1カ月の治療が必要と診断されたために傷害罪で起訴されたのですね。


次は暴行罪です。暴行の定義は"人の身体に向けられた有形力の行使"とされています。有形力が人に向けられてさえいれば足り、物理的に接触しなくてもかまいません。有形力には物理的な力以外に、光や音といったエネルギーも含まれます。
暴行罪が適用された具体例としては、
1.髪を根元から切る
2.塩を振りかける
3.石を投げたが当たらなかった
4.狭い四畳半の部屋で抜き身の刀を振り回す
などなど。


ちなみに傷害罪と暴行罪の分かれ目は全治5日ぐらいだそうで。たとえ傷を負ってもごく軽微な場合は暴行罪で処理されるようです。

質問した人からのコメント

2011/5/1 12:53:59

感謝 ありがとうございましたo(^-^)o

「傷害罪とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

van********さん

2011/4/2822:04:18

胸倉を掴まれたくらいなら、暴行罪です。
(ただ刑法では、傷害罪の一種に分類されます)
状況や犯罪歴にもよりますが、たいていの場合示談で済んだり、起訴猶予で終わりますが、暴行罪は2年以下の懲役もしくは30万の罰金です。

傷害罪は相手に怪我をさせた時(故意でなくても)、15年もしくは50万です。

ang********さん

2011/4/2700:59:47

胸ぐらをつかむ行為は`暴行'では?
実際問題として、怪我を負って、診断書を提出しないと警察は`傷害'として受理しないでしょう。
あなたの言動がきっかけとなったとしても、そのことで暴行や傷害が正当化されるものではありません。
刑法は傷害罪について、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する、定めています(204条)。
(普通の`喧嘩'程度だと罰金刑で済まされる?)

dic********さん

2011/4/2700:52:44

相手から不当な有形力(物理的な力)の行使を受けて、その結果、身体に傷害を負わなければ傷害は成立しません。

胸倉を掴まれただけなら、不当な有形力の行使を受けただけなので、傷害罪は成立せず、暴行罪となります。

殴られた場合、それでケガをしていれば(それが痣のようなものであっても)傷害罪が成立します。

たとえこちらが悪くてもです。ただ、こちらに殴られた原因があるのなら、裁判の時には情状が酌量される要因にはなりますし、こちらが相手を殴ろうとして、相手が身を守る為に殴り返してきて、こちらがケガをしたのであれば、正当防衛が認められ、罪には問われない可能性もあります。

罰則

刑法第204条 人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる