ここから本文です

メダカの飼い方について ●メダカを飼う水槽は「浅い方がいい」というのは酸素の問...

wowkai303さん

2011/4/3005:36:29

メダカの飼い方について ●メダカを飼う水槽は「浅い方がいい」というのは酸素の問題ですか?
今、横45cm、深さ30cmくらいの水槽でメダカを飼ってます。
よくないのでしょうか?


●濾過しない方がいいらしいから、濾過装置はありますが可動させてません。いいのでしょうか?
ペットショップでは濾過させてますけど。。。

●窓ぎわで飼ってますが、直射日光でないので
ホテイ草やアマゾンフロッグピットらしき浮き草のため 照明をつけてます。
しかし糸状のコケが多く、水槽にもコケが多く困ってます。窓ぎわがいけないのでしょうか?

●浮き草が多いので 照明をつけているがメダカに紫外線が当たってないが問題ないでしょうか?


一応、ジクラウォーター(メダカ用)を使ってます。

閲覧数:
180,634
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

musumedakaさん

2011/4/3017:14:48

「浅い方がいい」わけではなく「水深よりも面積重視」ということが
誤解されているように感じます。これはメダカの性質上、例えば同じ
水量の容器があるなら縦に深いものより平べったい容器のほうが
水面を好むメダカにとって良いのと当然酸素も水面が広ければ
それだけ取り込みやすいこともあります。
田んぼなど非常に水深の浅い場所でも平気ですし、屋外で飼育されると
わかりますが冬場以外あまり底にいることはありません。
そういった事から水面を好む→「浅い方がいい」に受け取られたのかもしれません。
実際、氷が張る冬場などはある程度水深が無いと冬越しは難しいので
単に浅い容器では一時的にしか飼育は難しいです。

屋内の水槽飼育の場合も深さ30cmはもちろん50cmでも全く問題ありません。

●「濾過しない方がいいらしい」←これも誤解によるところが大きいようです。
一般的にメダカの飼育方法は屋外飼育も含めての情報が混同してますので
屋外であれば当然ろ過など使わずに育てることになりますが、メダカにはまれば
はまるほど屋外飼育になりますから、どうしてもメダカをやっている人はメダカに
ベストな屋外飼育をオススメしたくなり「ろ過もいらず簡単ですよ」というのが
勘違いの元になっているようです。

屋内で同じ事をすればたちまち水は傷むでしょうから水を動かして(ろ過して)
日照の代わりにライトを使って熱帯魚のように飼育したほうが安全です。
「ろ過しないほうがいい」というのは濾過器からの水流が強いとメダカを弱らせる
ことも多いので濾過が悪いのではなく水流に注意すれば良いのです。
※それでも屋外に比べると寿命はずっと短くなりますし、長い事メダカをやって
ますが、屋内のほうが飼育は難しくハードルが高いのも事実です。

●ホテイ草はとくに日照がないと育てるのは厳しいかと思いますので移動が
可能ならメダカにもとても良いので日の当たるところに移動してあげると良いです。
当然コケも出ますしグリーンウォーターにもなると思いますので、そこはメダカや
浮き草ために手をかけてあげるか、見た目を重視するかでご自分のスタイルで
判断されると良いと思います。キレイに観賞するのであれば陽の当たらない場所
でライトの点灯時間を短くするなどして調整すればある程度コケは防げます。

●多少は影響はあるかもしれませんので、心配であればたまに容器に移して
陽の当たる場所に置いてあげるといいかもしれません。調子が悪いときも
陽に当ててあげるとちょっとくらいの不調なら治ってしまいますよ。

ジクラウォーター(メダカ用)は使った事がありませんのでわかりませんが、
とりあえず使わなくても飼育は問題なくできますのでお好みで良いと
思います。

「メダカ 水槽」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

make_nekokunさん

2011/4/3016:39:55

メダカの水槽が浅い方が良いと言うのは、メダカに深さは必要無く、魚が小さい為に飼育する事に対しても深いレギュラー水槽にメリットが無いからです。
ただ、浅い水槽にも限度があります。
金魚のランチュウ水槽ほどの水槽や、
外飼育ではトロ舟あたりの深さは不可欠ですね。

・濾過に関しては、メダカはあまり水を汚しません。
アンモニアが分解されるだけのバクテリアがいれば、濾過は必要ありませんが、
あった方が無難ですよね。

・ライトについては、南側窓で日光に当たるならば、撤去しても良いでしょう。
コケについては、水換えで対処するのが一般的ですが、
水槽が小さいので、手で、掃除するのが良いと思います。

2011/4/3015:13:09

①…水槽は浅い方が良いと言うのは、メダカは水面で生活する事が多いので、深さより広さを重視した方が良いのです。
②…濾過機は確かに使わなくても大丈夫ですが、これはバクテリアが居ればの話です。
活性炭等の科学濾過は無しで、バクテリア等の生物濾過をメインにした方が理想です。
③…メダカは日光浴を絶対に必要としますので陽当たりの良い場所に置いて下さい。
苔の発生は避けられませんのど諦めて下さい。
④…水草ですが、今の環境ですと枯れてしまいますので陽当たりの良い場所に置いて下さい。
ライトではカバー出来ません。

2011/4/3014:57:03

メダカを飼う水槽は浅い方がいいというのは酸素の問題です。
これだけで濾過器がなくても濾過バクテリアによる浄化が行えますし、
エアレーションがなくても酸素不足にはなりません。
昔の人は理屈は知らなくても経験則で上手い飼い方を知っていましたから。

当たり前ですが、水に溶ける酸素の量は、
水が大気に触れる表面積に比例するのであって、
(エアレーションはその表面積を大きくするためのものです)、
浅い水槽は水量に対して表面積が大きいので酸素が豊富ということです。

ちなみにメダカは深いところにもいますよ。
特に止水に生息している野生メダカは底をさらうと大量に捕まえられますし、
小川では群れで一番強いメダカは水底に一匹だけ縄張りを作る性質があります。

●多くのメダカ愛好家(ネット環境のない人)は濾過なしで
めちゃめちゃ殖やしていますし、実際のところ、あってもなくてもいいですし、
なければいけないということは絶対にありません。
野生では水たまりのような池にも、流れの速い小川にも生息しています。
(最近はもうほとんど野生のメダカは見られませんが、昔はたくさんいました。)

●適度なコケは水の浄化に役立つので全滅させる必要はないですが、
気になるならメダカの数を減らすか水換えを増やすかでしょうか。
外からの光が強すぎるなら園芸用の遮光用品で使えるものもあります。

●ホテイ草は強い光が必要です。メダカには紫外線は特にいりません。

せっかくジクラウォーターがあるならそれを使えばいいですし、
なくなったら汲み置き水を使ってもいいでしょう。

ymmt_yhkさん

2011/4/3013:45:54

「浅いほうがいい」理由は謎ですが
30cmなら問題ないでしょう。
自然界でそんな浅い場所なんてなかなか無いですし。

酸素の問題があるなら、深くして水量を増やしたほうが良いと思います。



濾過はさせましょう。絶対に。
その大きさの水槽なら水流対策も難しくないと思います。

コケはヤマトエビに任せるのが良いわけですが
コケが多い理由として水質の悪化も考えられますので
その対策をしないとエビが死んでしまうので気をつけましょう。
とにかく濾過装置は必要です。

紫外線は問題ないです。自然界を考えれば自明ですよね。

halfway1978tさん

2011/4/3007:16:46

深さは全く問題ありません。
濾過はあればつかえば良いと思います。
これからの季節直射日光が当たると水温が一気に上昇するので日光が当たらない様に工夫してください。苔は日光が当たるとどうしても生え易く、水槽内の栄養が豊富だと生えやすくなります。遮光したり水替えや餌の量を調整して対策して下さい。すでに生えている苔は出来るだけ自力で取り除いた後ヤマトヌマエビかミナミヌマエビを入れると食べてくれますが、あまりにも多いようでしたらリセットするのも一つの手段です。
紫外線は全く問題ありません。多くの方は屋外で飼育しています。
ジクラウォーターはとくに必要ありません。安いカルキ抜きか汲み置きの水で充分だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。