ここから本文です

真言で「オン」「バサラ」「ソワカ」ってよく聞きますけど、なんか意味あるんです...

big********さん

2011/4/3016:49:25

真言で「オン」「バサラ」「ソワカ」ってよく聞きますけど、なんか意味あるんですか?

例えば「オン」は日本語の「御」の語源になった程なんで如来とか菩薩をたたえる敬称だとして他はどうでしょう?

閲覧数:
73,510
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nka********さん

編集あり2011/4/3017:27:01

Yahoo!辞書にあります。

そわか〔ソハカ〕【蘇婆訶/薩婆訶】
《(梵)svhの音写。円満・成就などと訳す》仏語。幸あれ、祝福あれ、といった意を込めて、陀羅尼・呪文(じゅもん)などのあとにつけて唱える語。そばか

ばさら【伐折羅/跋折羅/縛日羅】
《(梵)vajraの音写。「ばざら」とも》仏語。金剛の意。金剛石、または金剛杵(しょ)。

また 「オン」 は、真言のはじめにつける慣用句。「帰命する」という意味。
密教では、一切法門の根元、大日如来の真身をいう。

ソワカ・・・聖句の末尾に置いて、「成就あれ」の意味。


http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/shingontoha.htm

質問した人からのコメント

2011/5/1 00:55:29

ありがとうございます。

「そわか 意味」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

編集あり2011/4/3017:56:40

阿含教
サンスクリット語で最も古いお経ですね。
大日如来

kaw********さん

2011/4/3017:24:45

般若心経の本来の発音で、これはインドで当時使用していた言葉の梵語から来ています。誰かが説明しておられる通りです。玄奘三蔵の逸話は西遊記の三蔵法師で有名ですが、彼らが天竺、インドに経典を求めて旅をして入手した経典を梵語の発音を漢字の音に符号させて書いたのが漢訳経典です。ですから、これは当時のインドの言葉ですよ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる