ここから本文です

城西クリニックとミノキシジルタブレットについて

pak********さん

2011/5/113:26:35

城西クリニックとミノキシジルタブレットについて

先日、薄毛治療の為に城西クリニックへ行ったんですが、プロペシアとミノキシジルタブレットを処方すると言われました。
ミノキシジルタブレットについては、あまり良い話を聞きませんし日本では認可されていないと聞いたこともありますので、処方すると言われた瞬間に不信感を抱き、その日は薬の処方を断りそのまま帰りました。
この病院はまともな病院なのでしょうか?
それかミノキシジルタブレットは日本で認可されたんでしょうか?

補足みなさんご回答ありがとうございます。
どうやらまともな病院ではなさそうですね。
一人カテゴリーマスターが積極的に城西クリニックを勧めてるのを見て行ったんですが、あれは関係者の宣伝と考えられますかね?

閲覧数:
12,168
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mic********さん

2011/5/322:31:53

ミノキシジルタブレットは、未だ未承認薬ですよ。個人的な意見ですが、未承認薬を処方するようなクリニックは、まともではないと思います。ましてや、ミノキシジルタブレットは、実験段階で犬の心臓が破裂し、実験中止となった代物です。未承認薬などを処方しない所は、その手の治療を「アングラ治療」と言ってます。それに、ネット上で見た情報ですが、そのクリニックは、粉末のフィナステリドを処方するそうですね。かなり怪しいです。勝手な想像ですが、フィンペシアなど安いものを輸入し、粉末にし、国内プロペシアと同等の値段で処方してるんじゃないでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

koh********さん

編集あり2011/5/614:17:16

疑問に思うことは当然でしょう。

ミノキタブレットは医師の間でも意見が分かれているようですし。

それでも処方するということは、「副作用があるかもしれないが
生命や日常生活には影響がない程度」と判断しているからでしょう。
(素人見解ですが)

患者は処方されようとする薬を拒否する権利もありますから、
複数の医師の見解を聞いてから判断されるのが一番ですね。

ここの知恵袋には嘘かホントか、ミノキタブレットを服用している人が
多い感じですが、私は怖くて使えません

補足
城西の関係者の可能性は否定できないでしょうが
少なくとも医療機関ですし、
特定の「医薬部外品」を勧める方やシャンプーなどを
勧める方に比べるとまともだと思います。

(ですがスカルプDの宣伝で「汚れや皮脂で炎症を起こす可能性があり
それが抜け毛につながる」なんて言っているのは、確か城西の医師だったような。。。
「みんなが悩む薄毛は炎症が原因じゃないだろ」と突っ込みたいのですが
あのようなコメントを出すという事はやはり金儲け一番と思っているのかもしれませんね)

まずはプロペシアだけで一年程度様子を見て、
(もしくはリアップ併用)
改善しないようであれば、再度検討するという形が
一番良いかと思います。

val********さん

編集あり2011/5/115:36:48

まずフィンペシアのようなフィナステリド系の薬としては一般的に精力減退やEDが有名です。ですが日本よりも遙か前よりフィナステリドが処方された海外ではそれ以外の副作用も報告されています。

男性の胸の乳房化や2008年よりEU諸国。2010年よりアメリカではフィナステリドの注意書きや副作用に鬱を明記するように行政指導を各国の医療関係の政府機関が通達しました。

またカナダとアメリカでは通常フィナステリドの使用中に起こった精力減退やEDの症状は使用中止後には改善すると言われております。所が使用を中止しても改善しないという方達が増え、一部の患者によって訴訟がおこっています。

それに伴い、使用中止をしても改善しない方達の研究データも2つの研究機関から報告されています。

日本で認可されているから安心ではなく正しい情報を元に服用するべきだと思います。

また本来ミノキシジルタブレットを服用されている方の場合には必ず併用するべき薬があります。これを併用することによって副作用が起こらないようにするためです。(多くの方が個人輸入などでミノキシジルタブレットを使用されていて本来であればお知らせしたいのですが再度別の薬を個人で入手して服用するのは危険なので控えざるおえません)

ミノキシジルタブレットについて別の方に先ほどした回答を参考にしていただけると思います。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1360018523

城西クリニックなどが部類される発毛クリニックなどはどのような方に対して判子を押したようにプロペシアとミノキシジルタブレットの併用をすすめており、他の治療手段を用いていないのが実情です。さらに承認薬であるプロペシアにしても一般の内科や皮膚科で薬の特性とリスクが十分説明されておりません。

現状としてAGA型脱毛にはプロペシアだけが医学的に認められた対処方法だとい御意見を拝見しますがそれは日本だけの話であり、海外などではFDA(米国食品医薬局)や他国の医療行政機関が承認している別の方法もあります。

日本で未承認の薬を処方しながら海外で報告されているプロペシアの注意点やミノキシジルタブレットと併用が必須とされている薬を処方せず、海外で定められている毎日の体重計測を薦めないという発毛クリニックの現状は僕も疑問をもっております。

以下は今年の3月に米国メリク社がアメリカFDAに対してプロペシアの副作用に鬱(depression)を追加申請し承認された内容となります。ですが日本MSDからは同様の申請は厚生労働省には提出されていません。

プロペシアの有効性を紹介する際には海外の治験や臨床データを用いるのになぜ副作用についても同じように報告がされていないのか。

http://www.fda.gov/Safety/MedWatch/SafetyInformation/ucm208701.htm

また日経ヘルスでも今年の3月に以下のような記事が掲載されておりました。

http://health.nikkei.co.jp/hsn/index.aspx?id=MMHEb1002018032011

上記内容などについて本来であれば医師は患者に説明をし、それでも服用するかどうかを決めてもらうまでの事を行うのが自由診療(保険適用外)のあるべき姿だと思います。


様々なケア方法を御紹介しておりますし医療的な考えからの育毛について国内外での研究については以下にまとまっております。

http://kaminonayami.net/blog/cat65/

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる