ここから本文です

現代文の勉強法について 大学受験のための現代文の勉強において、最も効果的に...

har********さん

2011/5/215:57:38

現代文の勉強法について

大学受験のための現代文の勉強において、最も効果的に偏差値があがる勉強とはなんですか?

入試現代文へのアクセス や 現代文と格闘する などの本を読んでも結果に結びつくか不安です。

経験談でも構いませんので、教えていただけますか?


また、おすすめの参考書 問題集などありましたら教えていただきたいです。

閲覧数:
19,776
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

☆NMNL★さん

編集あり2011/5/216:59:57

まずおすすめの問題集はシステム現代文です。これをバイブル編と私立対策編を完璧に理解すれば、さほど問題ありません。

けど、まず何より現代文は所詮

1.換言
2.対比
3.因果

の3つからしか問題が成り立ってない。というか、もっと簡単に言うと、この3つ以外問題にしようがないんす。入試の問題を作ってる人間の立場に立ったって、絶対に間違ってない答えを作らないといけないのに、曖昧なところを答えにできるわけない=最終的にこの3つにしぼられてくるとなるわけです。


まず文の主題テーマを見つけます。そこに○とでも書いてください。そしたらそれを主張したいんだから、必ずそれと同様の内容(換言)やそれを際だたせるために対立のことを言ったり、対立のことを批判したりします。

なので、まだ慣れないうちは、まず文章を読み、その1文1文が、作者の主張したいテーマと=なのかどうかを考えるとこからやってください。

テーマにあっていれば○、それと逆のことを言っているなら△でくくったり、色分けをしても構わないんで、まずはそういう作業をちゃんとやること。

えー、因果関係はもちろん○と△のどちらかの因果でしかないんだから、○のだったら○、△だったら△と書けばよく、わざわざ違うマークをつける必要なんてないっすね。


苦手とか思ってる人間は、ただ単に普通のことをやってないだけっす。着眼点が悪い。なんで、ちょっと細かく解いてみるっていうのも悪くないっすよ。それが終わってからでいいです、問題集なんて。

後は東進の無料過去問サイトからぼんぼん引っ張り出しちゃえばオッケイ、頑張ってくださーい!


【補足】
いや、申し訳ないっすけど、すっげー簡単なことしか言ってないし、俺はこの上のことを教えてもらって、偏差値が30以上伸びたんっす。

もともと馬鹿だし、本嫌いだからこういうやり方をしないと、そういう今までの力がない奴は今までやってきた奴に追いつけないんすよ。

そしてこの考え方ができなければ、こういう風に小さな努力をしなければ、どんなに現代文のプロがあぁだこうだ言ったって無駄です。

△とまるで囲むのってそんなに難しいっすか?言ってることが真逆かどうかくらい、日本人ならわかることでしょ。その2つにまずは分けろって言ってるだけっす。すっごい簡単な作業のはず。そして、これすらできないなら、現代文なんて諦めた方がいいです。

よーは現代文はセンスだというアホがいますが、これすらできなければその前の問題だし、もっと言うと入試に必要な現代文なんてセンスじゃないっす。勝手にできない奴がそれを口実にしてるだけ。

なんで、本当に現代文ができるようになりたいんなら、上に書いてることをきちっとやってください。教え子、偏差値40以下から早慶普通に出てます。俺の教え方がうまいんじゃなく、こういうことをちゃんとこつこつやってるからです。頑張ってください!


ちなみに早慶も同じ。全然難しくない。文章は難しいっす。答えになるところは容易です。別に名前だけびびらないほうがいいですよ、ずっと法政とかの方が解きにくいですし。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

car********さん

2011/5/900:00:43

受験ははるか昔に終えたものの、現代文を読む力がいかに大切かを知り、
勉強しなおしている社会人です。

自分に合う参考書・問題集に出会う事が大切です。

まず模擬試験などで自分のレベルを知ります。そのレベルより一つ下くらいの
レベルの本を買いましょう。例えば現在高3であったとしても、実力が高1
レベルならそのレベルの本を買うべきです。そしてその本で2・3日勉強して
「これは良い!」と思えばその本はあなたにぴったりです。
そう感じなければその本はあなたには合いません。別の本を買いましょう。
ぴったりの参考書に出会うには多少のお金と時間の投資が必要ですが、
そういう本に出会えればその投資は何十倍にもなって返ってきます。

いろんな人がいろんな参考書を勧めていますが、それはその人に合った本。
人気のある本(出口シリーズなど)は「合う」と思う人が多い人が多いと
いうことです。

私の場合、最初は「出口の実況中継」にハマリました。
それに気をよくして出口先生のシリーズを次々と買ったのですが、「実況中継」
以外はどうもいまいち。その他に河合塾や代々木などの参考書を合計15冊
ほど買いました。結局いま使っているのは3冊です。

どの教科でもそうですが、勉強のやりかた(考えの進め方)は人それぞれです。
そのやりかたが自分と近い人が書いた参考書は勉強しやすいものです。
ただし、同じ人が書いた本が全て似た傾向とは限りませんし、分野によって
異なる可能性があります。上記のように、私の場合は出口先生の本は実況
中継(評論)は良かったのですが、他の本はいまいちでした。小説では出口
先生は「人物の心情が大切だ」と言いますが、私には田村先生の「文法的・
語法的にみれば解ける」という方が理解しやすく思います。

他の人の「体験談」も同様です。考え方や頭の良さが自分と違う人の
体験談は役に立ちません。「英単語は覚えようとしなくても5,6回見れば
覚えるものだ」なんていう秀才の言葉なんて私には「良いなあ、頭の良い
人は」としか思えません。しかし自分に近いタイプの人の体験談は役にたちます。
なので、多くの人の体験談を読んで「なるほど!これなら自分にも合いそう」という
ものを参考にされてはいかがでしょうか。

しかし参考書収集家や参考書評論家になっては意味がありません。この点に気をつけて。

oiu********さん

2011/5/511:19:37

河合の現代文は本当にいいです
入試現代文のアクセス入門と発展をやりかなりできるようになりました
一回なぜかできなくなってしまいましたが次の日また解いてみたらできました
板野や出口はだめでした
頑張って下さい
偏差値20あげました

com********さん

2011/5/413:20:03

センター試験の現代文を例に挙げて考えてみましょう。
この回答を絶対最後まで読んでください。必ずお役に立てると思います。

現代文が苦手、ということですが、「問題指示文」を読んでいますか?
たとえば、センター試験の現代文評論でもっとも多いパターンは、「傍線部とはどういうことか、次から選べ。」というものです。
「どういうことか」というのは、「同じものを選べ」ということです。これを見落としている人が非常に多いはず。

つまり、傍線部と同じ「構造」をもつ選択肢を選ぶ必要があるのです。
この場合注意しなければならないのは、傍線が引かれている部分の《主語、述語を含めて》同じ意味ということです。

2010年度センター試験の問題を例にとってみます。

問4 傍線部C「伝統的な経済学の『錯覚』」とあるが、それはどういうことか。

この場合の主語を確認すれば、上をさかのぼって、「この歴史的な差異の安定性」となりますね。述語は「許した」です。
「この歴史的な差異の安定性」が「伝統的な経済学の『錯覚』」を許した、ということです。

本来は、主語に含まれる「この」の指示語を確認するのですが、「歴史的な差異の安定性」が原因となって、「~の錯覚を許した」という構造をもつ選択肢が、5番以外ありませんので、これが答えとなります。

もう1問やってみましょうか。

問5 傍線部D「『人間』は、この資本主義のなかで、一度としてその中心にあったことはなかった。」とあるが、それはどういうことか。

傍線部の意味は、一読しただけで理解できると思います。
まあ丁寧に、主語と述語の対応を確認してみましょう。

主語=『人間』、述語=「一度として中心にあったことはなかった。」ですね?

この観点で選択肢を削っていくと、
1.主語=人間の自己愛、であり×
2.主語=アダムスミス、であり×
3.主語=人間、であり一応○
4.主語=主体としての人間、であり×
(述語「中心にあった」に反しますね)
5.主語=人間主義宣言、であり×

という分析から、答えはおそらく3.だと見当がつきます。
念のため、3.の後半を確認すると「主体として資本主義に関わることはなかった」とあり、述語の内容とも合致するので、これが正解になります。

何にせよ、現代文で一番大切なことは、傍線部に何が書かれているか、ということです。
このことをよく理解し、勉強していただきたいと思います。

kan********さん

2011/5/216:41:55

jazz0103sk0804さんの指摘していることは、わかるのですが、彼の指摘することは、「わかっている人」の指摘です。彼の指摘が、そうだよね・・・ってわかる場合、現代文は得意でしょう(笑)

センターレベルの現代文は、彼の指摘するところの文章の構造を理解していれば、十分に解けます。というのは、センター現代文は、著者の本来の主張というよりは、むしろ問題が無難に作られているので、論理構造をおさえてしまえば解けるのです。ただ、私学では早稲田の問題は、相当、難しいですね。答えが本当に正しいといえるのか?考えさせられてしまうほどですw

で・・・現代文は、予備校で教えているような「問題の解き方」的なものが重要なのではなく、要は、論じられていることそのものが、そもそもわかっているかどうか?ってな部分があります。これは「教養」ですよね。普段から本を読んでいるかどうか。。。ってな部分です。いくら解法を理解しても、教養が無いとわからないwって部分もあります。

たとえば・・・私は理系卒なのですが・・・「文芸論」なんかが出題されると、全く興味がない分野なので、やっぱり点数が落ちますね。そんな要素が強いと思います。特に「小説」が大嫌いでしてw 基本的に「あんなの妄想に過ぎないよw」って思っているので、物凄く苦手としていましたね。まあ子供の頃からですがw

ということで・・・割り切るしかありません。私の場合は、センターでしか現代文を使わなかったので、センター試験の「問題の作られ方」をよく研究しましたね。要は、出題者が、問題をどう「作っているのか」を理解すれば、問題を見たときに「どんな問題を作ったのか」が予測できます。センターであれば、これでほとんどパーフェクトに近い得点が出来ると思います。

ただ・・・早慶文系は・・・難しいというか・・・あんな言論に意味があるのか・・・わからないですね。理系から言わせると、妄想に思えますがw

役に立たずすいませんww ただ出題者の立場にたって、問題をどうやって「作るのか」を理解すれば、現代文を解くのが容易くなると思いますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる