ここから本文です

単相100V と 単相200V と 三相200V の違いとは・・・・

c_p********さん

2011/5/909:38:57

単相100V と 単相200V と 三相200V の違いとは・・・・

※単相100Vは・・・

・ 2芯タイプと3芯タイプとの2種類があるのは理解してるのですが、共に100Vを使用する時は必ず白線と色つきの線を使用しますよね?
色付きの線は+(プラス)・白色の線はー(マイナス)ではないのでしょうか?

・ 200Vを使用する時は、なぜ黒と赤(色つき)の線を利用して白線を使用しないのでしょうか?
マイナスは必要ないのでしょうか?

(三相200Vでは、赤・白・黒・緑 の配線がありますが、赤はプラス 白はマイナス 黒はプラス 緑はアース ということではないのでしょうか? 単相200Vを臨時的にしている時には、赤と白 黒と白 で使用できるので そのような認識なのですが・・・・)

閲覧数:
16,549
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rak********さん

2011/5/920:59:14

まずですが、交流に+極-極の概念はありません。家庭配給の電源では、
単相100V と 単相200V と 三相200Vありますが。単相100Vは単相2線式と単相3線式があります。
単相3線式で100ボルトを使用する場合。白色の線は接地線といわれ対地電圧が0ボルトです、
赤色、黒色は100ボルトの電圧がかかっています。
したがって、100+0で100となる2色、白・赤もくは白・黒になります
ここで、赤・黒で使用すると、100ボルト+100ボルトとなり単相の200ボルトの電源となります。
だから白色は使いません

質問した人からのコメント

2011/5/11 23:58:14

もともとの考え方自体が、間違っていたのですね・・・
電気はプラスからマイナスに流れるものが全てだと思っていました。
かかっている電圧と0地点の差が 使用の電圧になるのを 初めて知りました。
ありがとう ございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yam********さん

2011/5/909:52:51

単相と三相の違いは使用する線が2本か3本かと言う事で、100Vと200Vは電圧の違い。
線の色は各電力会社や諸官庁の決め毎により多少ちがいがみられます。
一般的に単相の場合は赤と白(アース側)
三相の場合はR相(赤)、S相(白(アース側))、T相(青)が多いようですが、東京電力はR相(黒)、S相(赤)、T相(白)のようです。
下記参照下さい。

http://www.isijp.com/html-mn/htm-gs/h-gs-sikibetu.htm

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる