エアコンをカビキラー(ジョンソン)で掃除されたかたいますか?メーカーに聞いたら故障の原因になるのでとの返答でした。また高温スチームで内機を掃除したかたいますか?こわれないでしょうか?

エアコンをカビキラー(ジョンソン)で掃除されたかたいますか?メーカーに聞いたら故障の原因になるのでとの返答でした。また高温スチームで内機を掃除したかたいますか?こわれないでしょうか? 以上宜しくお願い致します。

掃除36,899閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

2

補足 驚きましたね^^ カビキラーが酸性と仰る方がいます? 通常塩素系の薬剤に酸性成分を混合すると塩素ガスが出て”混ぜるな危険”と表示されてる筈です。 最初から酸性であれば既に危険状態にある訳でそんな危険な物は売っちゃいけませんよね(^^;) カビキラーはアルカリ性です。吸入側の フィンはアルミですからアルカリ成分では傷んでしまいます。 エアコンクリーニングでは高温スチームはどうでしょう? わざわざ高温にする必要はありませんが、壊れる事はないかな? 通常クリーニングをする場合はフィンやシロッコファンはアルカリ成分の洗剤で洗い最後に専用のリンスで洗い流し、アルカリ成分が残らないようにします。 真っ黒い汚水が流れ出ますしクリーニング後は臭いはしないし、電気料も負荷が減るので掛からなくなります。

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

カビキラーは塩素系洗剤ですので酸性です。 エアコンのコアはアルミフィンが使われていますので酸でおかされます。 使わない方が良いです。 エアコンをスチーム洗浄はカビなどを死滅させるので有効な手段ですが電子回路に水分が回ってしまう可能性があるのでそれなりの知識と下準備(養生など)ができない方はやらない方が良いと思います。 専門業者にエアコンクリーニングを依頼すると、分解・専用アルカリ洗剤散布・高圧洗浄水ですすぎ・酸性薬剤で中和・ph確認・乾燥・組み立て・運転確認という内容になります。 使うアルカリ洗剤の種類により中和不要の物もあります。

1人がナイス!しています

0

エアコンのどこの部分を掃除したかにもよりますが、フィンはアルミで出来ているので、腐食します。 壊れるでしょう。 高温スチームがどのくらいの温度かわかりませんが、エアコン掃除でお湯を使う場合もありますが、熱湯は使いません。 ファンの部分は大抵はプラスチックでできていますが、中にはアルミのもありますので、やはりカビキラー(酸性)の薬剤は使わない方がいいでしょう。中性か弱アルカリ性の洗剤をご使用ください。