ここから本文です

過払い請求後の自己破産でお金が戻ってこない。こんなことってあるんですか?

ccc********さん

2011/5/2010:41:19

過払い請求後の自己破産でお金が戻ってこない。こんなことってあるんですか?

母親(無職65歳)が自己破産手続き中です。現在、父親(仕事しています65歳)と私(仕事しています42歳)と母親の3人暮らしで、私名義の持ち家で暮らしています。
母親が大きな借金(約500万円)をつくり、司法書士に依頼して、現在自己破産手続き中です。自己破産の前段階として過払い請求の手続きをしてくださったのですが返金される額が100万円強ということですべてをまかなうことができないということになり、自己破産の手続きをしています。
返金されたお金は司法書士の管理する口座にいったん振り込まれている(覚え書きのような書面をかわさせられました)ようですが、自己破産にあたり債権者に割り当てられるということで返金されたそのお金は当方へはまったく戻ってこないといわれました。
考えれば考えるほど腑に落ちないのですが、このようなことがあるのでしょうか?
もともと無職である母親が金融会社の支払いに充てていたお金は父親や私から支出されていた生活費であるはずです。
過払いであるお金が返金されてきてすべてが債権者のもとに割り当てられることがあるのでしょうか?
なんだか司法書士のポケットに入っているような気がしてなりません。
詳しくわかる方がいらしたら教えてください!!!

閲覧数:
779
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jap********さん

2011/5/2013:33:09

破産制度の始まりは債権者が破綻している債務者の財産を公平に債権者
に分配して、破産処理をするという目的のために作られたものです。
過払金は債務者の財産です。20万(拡張の申立をすれば99万)以上の
資産がある場合は、管財事件となり、裁判所が指名した管財人(主に弁護
士が指名される場合が多い)により、債務者の財産を調べ、債権者に公
平に分配されます。
母親が金融機関に支払ってお金はあなたや父親の収入から捻出された物で
あっても、借入の契約をしたのは母親なのですから、過払いを請求する権利も
母親にしかないないのです。ですから過払いは母親の財産になります。

免責が確定してから、過払い請求をすれば良かったという意見もありますが、
破産、免責確定後の過払請求は本来破産時に債権者に分配されなければ
ならなかった財産を隠したという事にもなりかねない=免責不許可事由に当たる
場合もあるため、ハードルが高い(あまり弁や司も扱いたくない)事件になるので
過払い金が取れる確率は低くなります。

今回の事はあきらめるしかないでしょう。

質問した人からのコメント

2011/5/20 14:35:57

わかりやすい回答ありがとうございます。参考になりました。納得がいかなかった点が解消されました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

su_********さん

2011/5/2012:47:24

「債権者のもとに割り当てられることがあるのでしょうか?」
「考えるほど腑に落ちないのですが、このようなことがあるのでしょうか?」
っ言うか、財産になりますから返済に充てられるのは当然です。

han********さん

2011/5/2012:33:28

過払い金が貴方の手元に入ってから 少し時間を置いてから別の弁護士に自己破産依頼された方がよかったですね。

kaw********さん

2011/5/2011:34:29

借金は、ゼロにして、過払い金だけ手に入れるなんてことができるわけがない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる