ここから本文です

W杯欧州予選や欧州選手権(予選)の出場国でありながら その国出身の選手が欧州...

ex_********さん

2011/5/2815:19:23

W杯欧州予選や欧州選手権(予選)の出場国でありながら
その国出身の選手が欧州主要リーグで
EU圏外選手(外国籍選手)扱いされてしまう国
を教えて下さい。

また、それについての一覧が載っていたり

詳しく解説してくれたりしているサイトがあれば教えて下さい。

選手単位ではなく国単位でのEU圏内外について知りたいだけなので
選手個人の生い立ちのルーツや、新たな国籍取得などは無関係
ということでお願いします。

ちなみに僕の中で曖昧なのが
旧ソ連(ロシア、ウクライナ等)や
旧ユーゴスラビア(セルビア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ等)、
あとルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、ポーランドあたりです。
(他にもまだまだ沢山ありますが)

これらの国々出身の選手は
欧州主要リーグでどういう扱いなのか?

EU圏外ということで外国籍枠に縛られている?
それとも、EU圏内ということで外国籍枠は無関係?

閲覧数:
275
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

編集あり2011/5/2817:04:15

ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、ポーランドはEU圏ですよ。 (↓画像の青色以外は非EU圏国)

非EU圏選手のことに関連して、ミラー紙がエディン・ジェコ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)の移籍について面白いことを報じています。

http://www.mirrorfootball.co.uk/news/Manchester-City-bound-27m-stri...

書いてあることは大まかにはこうです。

ジェコ『マンチェスターCに加入したくなかった』

ジェコにとっての理想はイタリアのユヴェントスへ移籍することだったようだ。

しかし、セリエAのクラブは1シーズンに非EU圏の選手とは1人しか契約できないというルールがある。

ユーヴェはすでに今年の夏にセルビア代表ミロシュ・クラシッチを獲得していたためジェコと契約できなかったのだ。

ジェコのエージェント:『イタリアサッカー協会の不合理なルールにより移籍は実現しなかった。 彼自身も給料が下がってもユヴェントスでプレイしたがっていた。 しかし、彼は6月まで待てなかったんだ』

水曜日にロンドン入りしてメディカルチェックを受け、その後、労働許可証の発行を待って、申請が承認され次第シティへの移籍が完了する。

契約は週給12万ポンド、5年契約と見られている。

ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、ポーランドはEU圏ですよ。 (↓画像の青色以外は非EU圏国)...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「クロアチア ソ連」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mon********さん

2011/5/2821:44:55

面白いこと考えますね。
ざっと挙げてみました。
UEFA所属でありながら、EU連合に所属していない国です。

アイスランド、アゼルバイジャン、アルバニア、アルメニア、アンドラ、イスラエル、ウクライナ、カザフスタン、グルジア、クロアチア、サンマリノ、スイス、セルビア、トルコ、ノルウェー、フェロー諸島、ベラルーシ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、モルドバ、モンテネグロ、リヒテンシュタイン、ロシア。

イングランドでは、EUの他に、欧州自由貿易連合の加盟国(スイス、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン)は外国枠に入りません。


2006年だったと思いますが、クロアチア代表のプレティコサは、イギリスの労働ビザが取れずにフルハム移籍がご破算になったことがあります。
なので、上に挙げた国は外国人扱いだと思います。


イギリスやフランスなどの海外領土〈アンギラやギアナやニューカレドニア等〉はEU圏ですが、CONCACAF所属で、こちらはよく分かりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる