ここから本文です

株で儲ける人と損をする人はどっちの方が多いのでしょうか?

kas********さん

2011/5/2908:42:26

株で儲ける人と損をする人はどっちの方が多いのでしょうか?

株の売買で儲ける人もいれば損する人もいると思います。
短期の売買では儲ける人もいれば損する人もいると思います。
儲ける人が50人いれば損する人も50人いるのでしょうか?

補足投資家は経済新聞を毎日読んでいると思います。その他にどのような情報を入手して株の値上げ値下がりを予想して売買しているのでしょうか?

閲覧数:
279
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

txr********さん

編集あり2011/5/2915:22:43

原理的にはそうですが実際はマイナスが多い。
なぜなら証券会社などが手数料などを獲っているのでそちらに資金が流れます。

また個人投資家は不利です。特に日本の証券制度はアメリカなどと比べるとまさにざるです。個人投資家保護という建前はありますが、実際は機能していません。大資本で参入している大口投資家や機関投資家の方が遙かにもうけやすい構造になっています。それでも破綻する投資家や証券会社があるくらいです(リーマンショックなど)。

もちろん相場にもよります。全体が上げ相場ならほとんどの人が儲けられます。しかし、下げ相場になれば多くの人が損をします。
単純に数学的に「五分五分だ」という言い方はできません。

補足
どんな情報を得ているか知ると、株式やめたくなりますよ。どれだけ個人投資家が不利なのかわかりますから。

質問した人からのコメント

2011/6/2 11:10:33

回答を投稿してくださりありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tg_********さん

2011/5/2916:08:43

誰かが損をすれば誰かが得をします。
その得している人たちはプロであり、非常に少数です。

プロでもアマでも、どんな人でも必ず得をしたり損をします。必ずです。

しかし、できるだけ損を減らし、合計で得をしているのはプロのみです。
機関投資家などがほとんどですかね、たまーにすごい個人投資家もいますが。

情報収集は人それぞれ重視するものが違うような気がします。
プロはそれがうまいです。

以上私個人の意見ですが、参考までに。

rom********さん

2011/5/2909:17:10

株式トレードだけで食べている人は、全体の1割程度だと本で読んだ事があります。
実際、損失を出している人のほうが明らかに多いとも思います。
私もその一人です(-o-;)

どんな人でも、損失を全く出さないトレードなんてできない。
だから【損切り】がうまい人こそ、結果として利益を出す事が可能(リスクを軽減)になるんだと思いますよ。
原発による今の不安定な日本経済では、長期保有は危険です。

ros********さん

2011/5/2909:15:48

儲ける人のほうが圧倒的に少ないです。100人の内、数人と言われています。
儲かっている人でも、ある時期をすぎると全く儲からなくなったりします。
トレンドが変化してそれまでの手法が通用しなくなるためです。

それゆえ 永続的に利益を生み出せる人は極めて少数です。
証券会社の人の言うことによれば、バブルの時でも儲かっている客は少なかったそうです。

しかし競馬や競輪の券を買って財産を築いたと言う話は聞いたことがありませんが、
株で巨額の資産を築いた人が何人もいることは事実なのです。

160万円の元手で200億以上稼いだ若者が有名ですが、1億ぐらいの資産を築いた話は珍しく有りません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる