ここから本文です

ルーズフランジとはどういう時に使いますか?

dii********さん

2011/6/417:08:03

ルーズフランジとはどういう時に使いますか?

閲覧数:
28,960
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2011/6/417:36:34

金属管同志を接合する場合に両端にフランジを溶接したものを用意した時、余程、寸法合わせが出来ている場合は問題ないのですが、必ずしもそうなるとは限りませんし、熱膨張や、なんらかの歪で寸足らず、寸あまりが生じます。寸足らずの場合、パッキン等で帳尻合わせもできますが、寸あまりの場合、接合自体が切削する以外、不可能になります。
よって、片方は溶接にて固定して、もう片方は幾分かの遊びが出るよう、溶接せずに、遊びを持たしたものがルーズフランジです。
こうすることによって、取りつけ時はもちろん、取り外し時も比較的容易に作業が可能になるということになります。遊び部分は締め付けナットのトルク調整で整合性が取れることになります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる