ここから本文です

年金の支給年齢が引き上げの方向に向かっていますが、 支給が遅くなった分

アバター

ID非公開さん

2011/6/808:13:55

年金の支給年齢が引き上げの方向に向かっていますが、
支給が遅くなった分

タイなど年金VISAなどを用意している国で
引退後住もうとしている人にはどのような影響がありますか?

補足リタイアメントビザですが、80万バーツ以上あると1年延長とありますが、 80万残せば延々と何年でも延長できるのですか?
何年までですか? あと働けないとありますが、 こっそり働いている人もいるのですか?
その場合どんな時にばれ、ばれたらどうなるのでしょうか? またどういうところで、どういう仕事ならばれにくいでしょうか?

閲覧数:
188
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2011/6/1019:28:07

>しかしロングステイビザを使う限り、80万はタイでは使えないお金になります。

この回答は間違っています。

80万バーツの預金は、リタイヤメントビザが取得出来たら、すぐに使って問題ありません。

要は、ビザを取得する3か月前に、80万Bの預金をすればいいのです。

タイ政府の方針が変更にならない限り、80万Bの預金があって、素行に問題がなければ、半永久的に(1年更新ですが)タイに居住できます。

リタイヤメントビザ取得の条件の一つに、「タイ国内では労働をしないこと」というのがあります。

そもそもリタイヤメントビザ取得者は、50歳以上ですから、働きたくても、タイ国内で仕事なんてありませんよ。

日本国内だって、そうでしょうよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

h_p********さん

編集あり2011/6/913:11:58

タイで年金ビザを取ろうとした場合、年金を受け取っている証明書が必要なので、受給年齢が上がれば、当然ながら(証明書が得られないので)年金ビザで入国できる年齢も上がってしまいますね。

個人的には、年金証明をもらうようなビザは危険かなと思っています。将来、円安になったときなどにビザが取れなくなるリスクがあります。
それよりは 80万バーツ(約210万円)以上をタイの銀行に預けてリタイアメントビザを取得することをお勧めします。この方法であれば、50歳以上なら可能です。年給支給年齢までは預金取り崩し生活になるので、預金は多ければ多いほど良いです(タイは利子も高いので、日本の預金を全部移すぐらいでも良いかも)。
タイでのリタイアメントビザ取得については、私のホームページでも書いてますので参考まで。
http://www5.famille.ne.jp/~poopiang/jp/rtvisa.html

補足の追加です。
リタイアメントビザは、80万残せば永遠に延長できます。しかしロングステイビザを使う限り、80万はタイでは使えないお金になります。

こっそり働いている人を見つけて警察に密告し、報償をもらう(?)人がいるそうです。警察にバレたらどうなるかは私は知りませんが、ロングステイビザ取り消し・国外追放・ブラックリスト入り(再入国できない)とかはありえるんではないでしょうか。
こっそり働いてもはした金しか得られないと思うので、お金が欲しいならいっそのこと、タイの会社で働いてみたらどうでしょうか(労働ビザを取る)。タイで働くよりは日本の方が給料が良いのですが、気候の良さや地震が無いなどのタイならではのメリットもたくさんありますし。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる