ここから本文です

工事で使う仮設電線(動力用)の屋外における転がし配線は合法?

yap********さん

2011/6/1314:51:01

工事で使う仮設電線(動力用)の屋外における転がし配線は合法?

工事で使用する仮設電気の配線を、公地(河川堤防)に転がし配線とするのは合法なのでしょうか。
近くの電柱から一旦堤防法裾の仮設柱にひっぱり地面に下ろし、そこからは堤防内に配線を転がす計画をしています。
河川の工事なので占用等の問題は無いのですが、基本的に埋めるか架空線とする必要があるのでしょうか。
一般歩行者等は触れることのない場所です。
どなたか教えてください。

閲覧数:
12,235
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tur********さん

編集あり2011/6/1408:48:28

仮設電源で、よく無理を言われる電気屋です。
ご質問の件ですが、仮設の引込柱に分電盤(ウォルボックス)を設けますよね?
その段階で電力の検査を受けることをお勧めします。
検査前にころがし配線はNGです・・(架空かキチンと埋設でないと検査通りません)
基本的に仮設分電盤(引込柱)から、各負荷へ延長コードなどで電源を供給しますとのことで申請し検査をパスした段階で、現場責任においてころがし配線するといった具合です。
ころがしのケーブルはCVを使えば問題ないでしょう(延長と太さに注意です、ころがしと言っても現場毎にピンで引掛けながら延長する方法と、文字通りころがす場合があります。この辺は現場責任者の判断です。)
また、自動車の乗入れる箇所はFEPなどで保護し埋設するのが安心です。
うまく土建屋さんと話が通れば埋設個所やピンなどの段取りをしてくれる場合があります。
ポイントは、ころがし前に検査を受けて検査後に現場責任で配線する。(あくまで負荷への延長コード的な解釈)
グレーゾーンですが・・黙認して下さる電力に感謝します。

追記:グレーゾーンとの表記が分かりにくいかもですので補足します。
回答が、電力の検査を軸にお話してしまったのでグレーゾーンは電力の検査に対してとの解釈でお願いします。
ころがし配線は検査時に検査官より、いらぬ指摘を受ける場合があります。(使い回しのケーブルが多い等々もありますが・・)
使用するケ―ブルは、内規2310節(臨時地上施設)・3102節を参照して下さい。
一応、移動電線でないとの解釈ではケーブル配線も可です。

質問した人からのコメント

2011/6/14 10:08:18

皆さんありがとうございました!
どちらの答えも非常に参考になりました。
現場は2次側でキャプタイヤケーブルを使用した200V ですので特に問題なし、と考えます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fis********さん

2011/6/1318:50:21

300V以下でVCTケーブルなら合法
3種以上のクロロプレンキャブタイヤケーブルも合法
合法かどうかと聞かれると上記以外を転がすのは違法、
なお、CV、VVF、CVT等のケーブルを管に入れれば合法。

と思った。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる