ここから本文です

通常の自動車ディーラー店舗(修理工場併設)は第1種住居地域では出店不可能でしょ...

ope********さん

2011/6/1905:43:07

通常の自動車ディーラー店舗(修理工場併設)は第1種住居地域では出店不可能でしょうか?

通常の自動車ディーラー店舗(修理工場併設)は第1種住居地域の更地で出店不可能でしょうか?

私が調べたところによると、ディーラーには店舗の他に自動車整備工場が必要になりますが、都市計画法に基づく用途地域に応じて建物等の制限が有りますので、自動車整備工場の建築可能な「近隣商業」、「商業」、「準工業」に該当する用途地域であることが必要です。但し、「準住居地域」は一定の工場が建築可能な場合があります。とのことですが、第1種住居地域でも、特記ない限り準住居地域の工場の要件と同等、ただしいずれも3000m²以下、原動機を使用する場合は作業場が50m²以下とあり、自動車修理工場 も 原動機を使用する場合は作業場が50m²以下とありました。また、自治体によっても違ったりするものでしょうか?学校等が近隣にある場合の制限距離があるものでしょうか?よろしくお願いします。

閲覧数:
11,265
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sug********さん

編集あり2011/6/2023:13:36

用途地域の制限(縛り)は、既存工場には該当しないのが普通。
で、原動機(エアコンプレッサーやグレン等)の使用作業場は50㎡以下=50㎡の範囲は仕切って、出入り口(ドアの必要はない)に「原動機作業場」と名板を取り付ければ良い訳です。
学校からの距離に制限のあるものは、風俗営業だけですし、基本的に私立以外の学校周辺は、1住です。
ただ、1住では、既存工場の買取等でない新規開店は事実上無理です。
役所の都市計画課との直接交渉で、どのような規模で、どのくらいの騒音があり、車の入出庫がどれくらい頻繁にあるのかが
説明できなければ難しいです。
企画屋や不動産屋、建築士等の熱意でどこまで認めさせられるかです。
私達は、新規での整備工場ですと、準住居以上でなければ話を勧めることは絶対にありません。
事実上無理だからです。
首都圏以外では、交渉次第の面も出てきますが、東京、神奈川、埼玉、千葉では難しいでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる