ここから本文です

広瀬章人の四間飛車穴熊の急所で分からない箇所があります。

oto********さん

2011/6/1917:59:59

広瀬章人の四間飛車穴熊の急所で分からない箇所があります。

p187先手四間飛車穴熊と後手銀冠の戦いより
図の局面より、
△8二飛 ▲8三歩 と進んだときに△7二飛と逃げれば、▲3七金 △4三歩 ▲6六銀 △4二金左 ▲2三角成 △同玉 ▲6一金で、見事に割り打ちが決まって成功ですが、△6二飛と逃げたときの攻め方が分かりません。こちらのほうが、▲6三角成に備えることができ、角の殺し方のバリエーションも増えて、少し消極的ではあるものの、攻めがきらされて簡単にはいかないようにも思います。しかし、この本の構成の仕方から考えて、△7二飛よりも振り飛車優勢にならなければおかしいと思います。この後の展開を教えてください。

p187先手四間飛車穴熊,広瀬章人,振り飛車,7二飛,攻め方,後手,素通し

閲覧数:
422
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uro********さん

2011/6/1919:08:50

広瀬王位の穴熊感覚は特殊なようなので、これは難しいですね。

私の読みでは△6二飛以下、
▲3七金△4三歩▲7四歩△5九角▲6五歩△5三銀▲7三歩成△同桂▲7四歩△4八角成▲同金△5一金▲7三歩成△4一金▲6二と△同銀、の進行が普通でしょうか。この進行なら先手がいいと思います。

ただ、後手がよくなる変化もありそうなのでやはり難しいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gre********さん

編集あり2011/6/2001:07:47

検討以前の単純な感覚で言わせてもらうと、△6二飛から角を捕獲するなら△5一金と引かないとならない。しかし4筋の飛車が素通しでは下手に引いたら受けきれない。△3一玉も同様です。▲4四歩と単に垂らされても△4二歩と謝らざるをえないし、後手は金銀の質駒が解消されないので自信のない展開ということだと思います。


4筋に歩がたつ味は後手も残したい。だから本来は△8二飛で△5三金や、△7二飛では△9二飛なども選択肢です。というかそれ以前の後手の8筋を重くする△8七歩が悪手なのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる