ここから本文です

「相続人」と「法定相続人」の違いについて教えてください。

ahi********さん

2011/6/2200:50:05

「相続人」と「法定相続人」の違いについて教えてください。

閲覧数:
8,644
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2011/6/2211:44:26

税金カテでの質問ですから、税法(相続税法)における違いを説明します。

法定相続人
相続税法第19条の3において、「民法第五編第二章 (相続人)の規定による相続人」とし、さらにカッコ書きで、「相続の放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合における相続人」と規定されています。
法定相続人や法定相続人の数が関係してくる規定としては、生命保険金等や退職手当金等の非課税限度額、遺産に係る基礎控除額や相続税の総額、未成年者控除や障害者控除の規定が挙げられます。

相続人
法定相続人のうち相続を放棄した者及び相続権を失った者を除いた者が相続人となります。(相続税法第3条)
相続人とそれ以外とで違いのある規定として、生命保険金等や退職手当金等の非課税、立木の評価や債務控除(包括受遺者も適用あり)、相次相続控除などがあります。

例えば、被相続人の親族が子Aと親Bであった場合、法定相続人は子Aとなります。その子Aが放棄をした場合には、子Aは相続人ではなくなり、親Bが相続人となりますが、その親Bは法定相続人には該当しません。

質問した人からのコメント

2011/6/24 00:34:52

丁寧な回答ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hir********さん

2011/6/2311:25:43

簡単に言うと

法定相続人とは、財産を引き継ぐ権利がある一定範囲の人を指します。
相続人とは、法定相続人の中で、実際に相続人になった人を指します。

jta********さん

2011/6/2201:05:14

相続人 は 相続をする人

法定相続人は、法律(民法)で決められている 相続人のこと。

遺言などがなく、相続放棄などもない場合は、通常は
法定相続人 = 相続人 です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる