ここから本文です

トランジスタ増幅回路の等価回路における変形方法や動作量の求め方について質問で...

men********さん

2011/6/2600:05:52

トランジスタ増幅回路の等価回路における変形方法や動作量の求め方について質問です。

次の図のエミッタ接地回路の等価回路が図のように変形できる理由がわかりません。
また,入出力抵抗や電圧・電流増幅度を求める場合に模範解答では出力側の電流ioを図のように定義していますが,なぜVoから吐き出される電流ではなくRcに流れる電流をioとしているのでしょうか。

また,おすすめのアナログ電子回路の本があれば教えてください。

よろしくお願いします。

補足回答ありがとうございます。
入出力抵抗などの計算の仕方などは理解できたのですが,
Vccから繋がっている抵抗Rc,RbがどうしてGNDに接続されて等価になるのかが分からないので,教えてください。

等価回路,エミッタ接地回路,電流増幅度,トランジスタ増幅回路,求め方,hfeib,hieib

閲覧数:
4,941
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

編集あり2011/6/2609:20:25

補足
直流ラインに交流分信号分が乗ってしまうと異常発振等正常な動作をしなくなってしまうので極力交流分信号分が乗らないように低インピーダンスで電力供給をしたりキャパでラインをシャントするので交流的信号的には+ラインもGNDなのです。

高くない周波数、高くないコレクタ負荷においてはhoeとhreは0と考えていいので
vi=hieib
io=hfeib
だから質問に書いてある等価回路になり一目瞭然入力抵抗はhie 電流源はインピーダンス∞だから出力抵抗はrc。
rcに流れる信号電流ioはhfeibの電流源から供給されるので当然のことながら↑向きに流れvo=-rchfeibとなる。
vi=hieibだからvo=-rchfevi/hie
従ってvo/vi=-rchfe/hieなのだがhie≒hfereだから
vo/vi=電圧利得≒-rc/reとなる。reは表示されてないがエミッタ内部抵抗。

質問した人からのコメント

2011/6/26 13:59:21

ああ!なるほど!
理解できました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cda59104さん

編集あり2011/6/2607:45:57

こういうサイトに徹底的に解説が載っていますよ。図1が同じかも。

http://www.geocities.jp/ja3dew/Toransistor.html

hパラメータ表示で、
vb=hie・ib + hre・vc・・・・・・・①
ic=hfe・ib + hoe・vc・・・・・・・②


vbは質問の図のv1と同じ。①でhre・vcを無視。
②のhfe・ibは、質問の図の電流源と同じ。 hoe・vcも無視しているがコレクタ負荷抵抗Rcを考慮している。

>なぜVoから吐き出される電流ではなくRcに流れる電流をioとしているのでしょうか。
hパラメータの場合、出力小信号電流icは、他の4端子パラメータと異なり左向きがプラス(つまり←)とするのが慣例だからです。

アナログおよびディジタル電子回路で、メーカーの人が書いた本を紹介します。この回答も、p122がほとんど同じです(笑)
コロナ社「実用基礎電子回路」大橋、村田共著
大橋さんとは、この前、一緒に飲みましたんで、こういうところに転載しても平気です。

http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4339005665/ref=sr_1_1_olp?...

いい本は、中古でも高いのです。約1000円+送料250円(全国一律)

*** 補足見ました ***
グランドと、Vccの間には、普通、大容量のコンデンサーが入っています。コンデンサーのインピーダンスは、1/(ωC)=1/(2πfC)ですよね。分母のCが大きいので、周波数fに対するインピーダンスはゼロに等しいから、Vccラインは、交流的には、接地したのも同然です。回路図の上で、特に断っていませんが、そういうように考えるからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる