ここから本文です

プロダクトデザインを大学で学んでいます。デザインの勉強をしているうちに、モノ...

miu********さん

2011/6/2719:49:12

プロダクトデザインを大学で学んでいます。デザインの勉強をしているうちに、モノの形をつくるということよりも、デザインを今と違った視点から学びたいと思うようになりました。

現在はコンセプト提案からスタイリングまでを大学で学んでおりますが、どうもスタイリングそのものには興味が持てず、仕事にしたいとは思えません。
モノそのものの形を探求するのではなく、デザインが世の中に与える影響や、デザインの提案を、科学的・論理的にわかるような人間になりたいと考えています。現在は科学的アプローチからではなく、感覚的に、こういうのがいいと思います、と提案をしていて、そこがどうしても自分の中で納得がいきません。デザインを今まで学んで来たことを捨てて、新しい道に進みたいのではなく、デザインを学んだことを活かして、より俯瞰的にデザインを考察できるようになりたいです。ここで言う影響については、何に対するどんなものかということはまだ考えきれていません。
このように、まだすごく漠然とした考えなのですが、このような学問を学べる領域はあるのでしょうか。
わたしひとりでは、考えが及ばず、知識のある皆様方に伺いました。稚拙な考えかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

補足みなさん早速ご回答ありがとうございます。ためになります。

ひとつ補足させていただきます。
わたしは将来「デザイナー」と呼ばれたくないと漠然と考えているのですが、それも踏まえてご回答いただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

閲覧数:
604
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hph********さん

編集あり2011/6/2719:58:18

学問と言うか、そういう発想ならおススメのデザイナーさんをひとり。

デザインを勉強してるなら知ってるかもですが
ナガオカケンメイさん。

http://www.d-department.com/jp/nagaoka/

ロングライフデザインという発想を主軸に
「デザインしない」デザイナーとして活躍されています。

あと、デザインの俯瞰にはデザインの基礎が欠かせないと思いますが
「デザインあ」というテレビ番組がおススメ。

http://www.nhk.or.jp/design-ah/

子供向けに作られた番組ですけど、
全ての物にはデザインがあり、
そのデザインには全てにおいて意味がある。
だから「もの」として生まれ「もの」として残る。
でも、そんな「もの」がいきなり降ってわいたように生まれたわけでなく、
できるまでの過程もある。

そういうことが分かる番組です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ta_********さん

編集あり2011/6/2723:19:05

感性工学やデザインマネージメント、ブランディングに興味が繋がってきているのかな?と思いました。
日本や世界の幸せを創造する素晴らしい仕事だと私は思っています。苦労も多いけど、あらゆる問題の解決フィルターになれますよ。がんばって!

補足読みました。
デザイナーとか役割を表した名に過ぎないと思いますけどね。
世の中でよく聞く名をあげると、プランナー、アートディレクター、プロデューサー、デザインコンサルタント、などがあなたの言わんとすることを表わしていませんでしょうか?
あとは、つくり手、とか優しい言葉でいい当てている名を探してみてはいかがですか?
本当はそういうのもデザインですよ。何のスペシャリストとして世の中の力になりたいのかよく考えてみると答えが生み出せるかもしれませんね。がんばってください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる