「アウターワイヤー」は、ブレーキのとシフトのとでは、違うのですか? 教えて下さい。よろしくお願い致します。

自転車、サイクリング6,401閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

インナーワイヤーの太さに関してはrctcw416さんが挙げられていますので、アウターについて書きますが、アウターケーシングの外径は、ブレーキが約5mm、シフトが約4.1mmです。 シフトも、20年ちょっと前はブレーキのアウターを流用できたりした事もあったのですが、最近は無理ですね。

1人がナイス!しています

3

ブレーキアウターの被覆内はらせん状の金属が入っています。 シフトアウターの被覆内は鋼線が入っています。 また、ブレーキインナーの径はΦ1.6mm、シフトインナーの径はΦ1.2mmで、両方共この太さに合わせた内径になっています。 シフトアウターもらせんで良いじゃないかと思うかもしれませんが、らせん状だと力が掛かった時に伸び縮みしてしまうので、変速の調整が上手くいかなくなってしまいます。 これを防ぐ為に直線の鋼線を使用して変化を抑えています。

3人がナイス!しています

1

引っ張るものが違うので、太さも違います。ブレーキワイヤーの方が太いですよね。 切れたら、命に関わるもんね。

1人がナイス!しています