ここから本文です

仕訳で、売掛金の回収として当社振出の約束手形1600円と、当社引き受けの為替手形9...

mr_********さん

2011/6/2911:20:43

仕訳で、売掛金の回収として当社振出の約束手形1600円と、当社引き受けの為替手形900円を受け取った、というので支払手形2500/売掛金2500と解答は書いてあります。

どうして両方支払手形なのか、よくわかりません。教えてください。

閲覧数:
1,505
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

boo********さん

編集あり2011/6/3009:34:53

詳しく説明します。
1,売掛金の回収として受取った約束手形と2,当社引き受けの為替手形に付いて。
1,約束手形を振出した時の仕訳(借)買掛金1,600(貸)支払手形1,600

第3社(売掛金のある所とは別)に買掛金がありその決済として支払手形を振出していたのです、その手形が巡りめぐって売掛金のある第2社である取引先が持っていたのです。

2,為替手形の引き受け時の仕訳(借)買掛金900(貸)支払手形900

この為替手形は第2社が売掛金のある第3社からその決済として当社引き受け済みの為替手形を受取っていたのです。
3社間の取引の仕訳。
第1社(当社)引受けた(借)買掛金900(貸)支払手形900
第2社(売掛金のある所)受取った(借)受取手形900(貸)売掛金900
第3社(当社に売掛がある)振出した(借)買掛金900(貸)売掛金900

この両方の手形を売掛金の回収として受取ったのだから
(借)支払手形2,500(貸)売掛金2,500となるのです。

これで約束手形を振出した時の仕訳(貸)支払手形1,600と為替手形を引受けた時の仕訳(貸)支払手形900が帰って来たので貴方の言われる「どうして両方支払手形なのか」の疑問は回収した支払手形(借)支払手形2,500と振出した支払手形(貸)支払手形2,500となるのです。(自社が振出した手形が回りまわって帰って来た場合には受取っても受取手形ではなく支払手形なのです受取手形は他社が振出したものです)
(この回答は2日間で削除します)

質問した人からのコメント

2011/6/30 11:09:52

降参 丁寧にご説明していただきありがとうございました。

解決しました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

vwv********さん

2011/6/3011:01:00

当社振出の約束手形:1,600円、当社引受の為替手形:900円を受け取った、この2枚の手形の支払人は当社です。

①約束手形を振出した時の当社の仕訳は、
借方の科目は不明ですが、貸方は「支払手形:1,600」となっています。

②同じく、為替手形を引受した時の当社の仕訳は
借方の科目は不明ですが、貸方は「支払手形:900」となっています。

①と②を基に考えないと、アナタの疑問が解けません。
売掛金の回収で、自分が支払手形で仕訳した手形を受領した訳ですから、売掛金と言う資産の減少と支払手形と言う負債の減少の仕訳となりますから、正解は解答のとおりです。
(借)支払手形:2,500/(貸)売掛金:2,500

取引で受領した手形の「支払人が自分であれば借方は支払手形」であり、「支払人が自分でなければ借方は受取手形」です、この違いに注意してください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる