ここから本文です

債務負担行為と継続費について

poc********さん

2011/7/121:43:32

債務負担行為と継続費について

債務負担行為と継続費の違いが分かりません。
債務負担行為とは次年度のある予算を担保する行為なのでしょうか?そうであれば、継続費も次年度の予算を担保している点では同じに思えるのですが・・・。
ご教授願います。

閲覧数:
27,723
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

grs********さん

2011/7/122:09:06

継続費とは、工事、製造その他の事業が単年度に終了せずに複数年度に渡って行われる場合、全体の金額を確定し各年度毎の支出額も確定しますが、例えば建設工事の場合で契約額が3億円各年度1億円の3年間の継続費として議決しても、2年目に事情により5千万円分の工事出来高がなかった場合は、翌年度に自動的に1億5千万円の歳出予算を組んで、合計3億円の支出とすることが出来ます。予算書には、当該年度も含んだ最終年度までの合計支出額と、年度毎の支出額を載せます。あらかじめ国会の議決を経る必要があります。
債務負担行為とは、法律に基ずくもの、または歳出予算の金額もしくは継続費の範囲内におけるもののほか、国が債務負担行為をなすには、あらかじめ予算をもって国会の議決を経なければならないものをいいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる