ここから本文です

耳の病気。 浜崎あゆみさん(難聴)や、中島美嘉さん(耳管開放症)も耳の病気を...

s0f********さん

2011/7/221:45:03

耳の病気。
浜崎あゆみさん(難聴)や、中島美嘉さん(耳管開放症)も耳の病気を患っていらっしゃいますが何故、耳の病気って治療法がないものが多いのでしょうか?
私も(現在26歳の女)12年程前から、耳管開放症に悩まされています。
先生からは、手術しても治る可能性は見込めない、と言われています。
毎日、辛い訳でもなく、接客業や、歌を歌う職業でもないので、仕事は何とか休まず行けてますが。
今の医療技術でも難しいのでしょうか?

閲覧数:
3,454
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2011/7/223:14:05

私は、べつに医療の専門家ではないのですがー現代は医療が進歩したのにもかかわらず、回復困難な病気のなんと多いことか。耳管開放症ー初めて聞く病名です。
ひとつ、これが福音たりうるかー。

現代の医学は、一般に西洋(先進文明)の医学です。まさに、驚異的な進歩です。

これに対して、一般には認知されていない(認めたくない人が多い)東洋医学という領域があるのです。
これはー 病気の源は、血流・血液の汚れ に有りーという発想から出発しています。
耳や脳は、改善がむずかしいとよくいわれますが 、微細な血管の多い繊細な箇所だからでしょう。そこが詰まると 、もうアウトなんです。
もう無理ーと言われているのなら、どうせだまされてもともとー こちらに耳を傾けてみませんか?
一案。
ネットで、電位治療を調べて見て下さい。そして、パワーヘルスでもいいーーこの療法をご紹介しておきましょう。
効能・効果は、直接、無料体験会場を探して、指導員から直に尋ねて下さい。そのほうが確かですから。
もしかしたらーーという可能性。 それを 言えば、バッシングを受ける恐れがある世界ですので、略しますが、--
実は私も、それを実感している 一人ですから。
これで変化がもしも出たなら、幸いだと思いますので。ぜひーー。

質問した人からのコメント

2011/7/6 11:25:45

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2011/7/521:51:20

耳管狭窄に関しては、治療法法があるケースと難しいケースがあります
状況をきちんと医師が管理して、難しいと感じれば行わないと考えるでしょう

ましてや、女性ですから顔の変形や傷をつけることに関して、やはり医師も人の子ですから
そういったメンタル的なところも考える事でしょう
出来るという確信があれば、そういった治療を行う場を案内されるかと思います

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる