ここから本文です

高校一年生物の質問です 植物細胞の話です 植物細胞を低張液につけてしばらく...

eye********さん

2011/7/323:53:27

高校一年生物の質問です

植物細胞の話です
植物細胞を低張液につけてしばらくたったあとでも、細胞内と細胞外の濃度は同じにならないのはどうしてか説明せよ
という問題です

あと、安楽

死に塩化カリウムが使われる理由をKイオンの輸送と関連づけて説明してください

どちらか一方でもかまいませんので、回答よろしくお願いします

補足Kイオンの輸送というのは、能動輸送とかの事です

閲覧数:
373
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2011/7/411:36:43

①細胞内と細胞外の濃度は同じにならないのはどうしてか説明せよという問題です→植物細胞には細胞壁があるからでしょう。細胞壁は伸びないので、細胞壁と細胞膜の隙間がなくなると(原形質復帰)、それ以上細胞は膨張しない。したがって細胞内液の浸透圧は細胞外液の浸透圧と等しくはならない。この差は膨圧(細胞壁を押す力)としてあらわれる。
細胞外液の浸透圧=細胞内液の浸透圧ー膨圧の関係になる。

②「絶対に静脈注射してはいけない薬剤」のナンバーワンが「塩化カリウム」です。これを静脈注射すると「心停止」します。この心停止は蘇生術で戻らない重篤なものです。http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1028160.html

「カリウムは人体に不可欠の電解質であり、脳および神経などにおけるニューロンの情報伝達に重要な役割を果たしている。
右心房にある洞房結節から発生する活動電位によって心拍の調節が行われているが、そのためには適切なカリウムイオン濃度が必要である。静脈注射、あるいは何らかの異常によりカリウムイオンの血中濃度が過剰になる高カリウム血症となった場合、洞房結節のペースメーキングに変調を生じさせ、致死的な不整脈を引き起こしたり、心停止に至ることもある。また、心臓等の外科手術で心停止が必要な場合には塩化カリウムが用いられる。」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

安楽死に塩化カリウムが使われる理由をKイオンの輸送と関連づけて説明してください→塩化カリウム注射による死亡は安楽死というわけではありません。安楽死というには睡眠薬と併用するのかな。
高カリウム血症となると心臓のペースメイキングに異常を起こし心臓停止になるということで、カリウムイオンの輸送とは関係ない。
カリウムイオンの輸送ということは血中のカリウムイオンが正常に保たれる仕組みのことだと思うが(カリウムチャネル)、塩化カリウムの静脈注射とは関係がない。

質問した人からのコメント

2011/7/9 23:57:21

わかりやすい説明ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる