ここから本文です

“素振り”は本当に有効ですか?

golf4jikuさん

2011/7/507:00:04

“素振り”は本当に有効ですか?

先般、「素振りはコスト無しでスイング作りに有効・・・」に類するディスカッションがあり、回答を準備していたらスレ自体の所在が分からなくなりました。
ので、自分で「スレ立て」することにしました。
・・・・
「シャフトのシナリ・シナリモドリ利用を主体とするスイング」を目標とする場合、「素振り」の必要条件(の一部)は
「ビジネスゾーンでのシャフトシナリ動態」を内包している・・・条件①
ダウンスイング時に右内肘支点で右前腕主体のシャフトを「ネジリ・タワマセル」作業を内包している・・・条件②
インパクト時に左内肘を支点にしてシャフトの「シナリ支点」の位置・姿勢を制御する作業を内包している・・・条件③


スイング構築途上にある才能や運動神経が限定的な「並アマ」が“素振り“すると
「ボールをうつための“素振り”(作業①)」ではなく「身体を中心にしてクラブ重心を類回転運動させる作業(作業②)」になりかねないと考えます。

・類回転運動速度を上げると条件①を満足できるスイング行程が確保できない。
・作業②では肘関節を含む両側上肢、シャフト(の役割)はクラブ重心を支えるという意味合いが強くなるため、トップ位置で右肘のクラブ重心支点が内肘ではなく外肘になる。
・身体の姿勢調節反射回路が(作業①)ではなく(作業②)に適合してしまう。
などの問題点が出現し・・・結果としてヘボを固めてしまうのであった。


「並アマ」が“素振り“を有効利用するには(作業①)と(作業②)の相違を明確に意識する必要があると考えています。
月刊漫画「素振りの○造」に頻出する「素振り300回を繰り返すと・・・スキルアップに直結する」は並アマにとっては単なる希望的観測にすぎないのであって、随分と“罪作りな呪文“だと感じます。

ご意見をお聞かせください。

補足多数の回答、有難うございます。“素振り”を「スイング行程を確認しながら、ゆっくりトレースする作業」であり「実際の打球」とセットになって意味をもつと考えています。なお、ご批判に際しては具体的な論拠を提示して下さいますようお願いします。回答主旨が理解できず質問者・訪問者にとって不毛です。

閲覧数:
2,467
回答数:
9
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nanatan206さん

2011/7/510:24:21

アドレス、クラブの構え方、テークの始動の仕方タイミングが出来て正しく安定的に打てるのでしたら、これに則って素振りの感覚を試せばよいのですがスイングが出来ている人は体慣らしに振ってみるだけ素振り練習はしませんね。

おっしゃる通り出来てもないスイングで素振り何百回も繰り返すことは無駄、易きに流れ下手を固める罪作りですね。素振りでスイング作りができるなら誰でも簡単に良いスイングを身に付けているでしょうね。

質問した人からのコメント

2011/7/6 06:42:26

あるレベル以上の才能に恵まれたヒトの「力勝負でソコソコに纏めるスイング構築法」と一般的な才能に恵まれたヒトの「裏づけを確認しながら積み上げていくスイング構築法」が対立軸と思えます。・・・隣打席のゴルフスクールから「自宅で素振りを100回・・・」が聞こえてきても「聞かなかったことにしよう」と決心すると思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

takuya_72_11さん

2011/7/512:26:11

作業1と作業2は、違う視点で語られている。
なのに、それを比べているから意味がない。

y4772sさん

2011/7/511:35:12

難しい事は考えない方がいいと思います。

私は、練習用具で売られている
バット(ヘッドが重くて、ゴルフ用グリップになている)を毎日素振りしています。
重いので、ちゃんとした軌道のスイングができないと
負担がかかるため、自然といい軌道が体にしみつきます。

それをすることにより、実際に球を打たなくても
コースに出た時に全く違和感なく、ボールを打つことができ
スイングを始めてから1年くらいたちますが
スコアはかなりUPしてきました。
今は80台前半でまわってきます。

騙されたと思ってやってみたらいいと思います。
そのバットも3000円程度で買えて
普段は忙しかったり、コストもかかるので
これが一番の練習方法です。

ちゃんとやれば、絶対に結果が得られます。

dora12daさん

編集あり2011/7/510:47:01

難しそうに考えてそうで

その実、一義的。 バカの典型だな

urenaiyo_acさん

2011/7/509:12:47

うまく説明出来ませんが、宮里みかも遼くんも丸山しげきも子供の頃と今のスイングがそっくりでした。

よほど素振りしたんだな~と思いました。

編集あり2011/7/510:59:28

ゴルフを始めたときは、毎日昼休みに、5番アイアンで素振りしてました。
半年くらいで、スイングだけはシングル並みだねと経験者に言われました。

打ちっぱなしに行き始めて、1・2ヶ月はスライスで悩みましたが、
低い弾道のストレートボールが打てる様になり、1年後の初ラウンドで
バーディ1個とパー1個取れました(スコアはハチャメチャでしたが)

ちなみに、素振りの時は、スイングマットの芝をこすった勢いで、
マットを前に飛ばす様に練習してました。
ダフッても飛ばないし、こすりが薄くても飛ばないし、
ターフが取れるくらいの厚さで入ると飛んでいきます。

あと、必ず太陽を背に受けて、影で頭の動きをチェック
してました。

何も考えずに素振りしても下手を固めるだけかも知れませんが
チェックポイントを作って、スイング軸を確立する事
を念頭におけば、意味の無い事はないです。

要は、やり方次第です。
てか、そんな事どんなスポーツの練習にも言える事で、
いかに効果的に練習するか、考えてすればいいだけの話っしょ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。