ここから本文です

細胞は、生物のはたらきやつくりの基本となる最小単位であると考えられる事実を2...

nob********さん

2011/7/1415:42:58

細胞は、生物のはたらきやつくりの基本となる最小単位であると考えられる事実を2つあげなさい。


という問題があるのですが誰か解るかた居ませんでしょうか。
教科書をみて調べたのですが、
『生物は、外見から物質を取り込んで自分のからだをつくり、子孫を増やすなどの特徴を持っている。このような生物の特徴は細胞にも備わっている』
と書いてあったので、答えは


・外界から物質を取り込んで自分のからだをつくる

・子孫を増やすなどの特徴


これでいいのですか(汗)

補足誤字訂正します。


外見→外界


失礼しました。

閲覧数:
1,820
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jin********さん

2011/7/1415:48:39

・あらゆる生物が細胞を単位として形成されているから(もしくは、細胞が積み重なって生物を作っているから)
・細胞ごとに組織は増殖するから
が正解だと思います。

質問した人からのコメント

2011/7/14 18:21:33

降参 簡潔に書いてくれて分かりやすかったです。ありがとうございます。



皆さんもわざわざ教えてくださってありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tok********さん

2011/7/1416:18:43

ドイツのシュライデンが植物について、シュワンが動物について「細胞は生物の構造と機能の単位である」という細胞説を発表。続いてドイツのフィルヒョーは「すべての細胞は細胞から生じる」と唱えた。こうして、「細胞は生物の基本単位である」という考えが確立された。

僕の教科書には上のことが書いてあります。

僕は化学なんで回答しづらいです(>_<)本当にすいません。

でも、あなたの考えで合っていると思います。

純一さん

2011/7/1415:58:55

実際の最小単位はアミノ酸などの原子ですが、
電子顕微鏡で最高の倍率の500見ると細胞がきちんと
見えるので人間の細胞の場合は細胞が最小単位です。
細胞(さいぼう) [ 日本大百科全書(小学館) ] .で調べました

生物体を構成する形態上の基本単位で、生命現象を表す機能上の最小単位でもある。細菌、下等藻類、原生動物などの単細胞生物は、一個の生命そのものであり、多細胞動植物の体は、種々の分化した細胞集団の統制と調和ある有機体である。一般に、生命現象を表す生物体であると判断する理由には、(1)細胞分裂による増殖、(2)細胞の分化、(3)エネルギー産生と物質合成(物質代謝)、(4)外部環境や内部環境からの刺激や変化に対する反応(被刺激性)、(5)運動性、などがあげられる。
生物のはたらきやつくりの基本となる最小単位であると考えられる事実の一つ目は、
細菌、下等藻類、原生動物などの単細胞生物は、一個の生命そのものであり、多細胞動植物の体は、種々の分化した細胞集団の統制と調和ある有機体であるから。
二つ目は
一般に、生命現象を表す生物体であると判断する理由には、(1)細胞分裂による増殖、(2)細胞の分化、(3)エネルギー産生と物質合成(物質代謝)、(4)外部環境や内部環境からの刺激や変化に対する反応(被刺激性)、(5)運動性、などがあげられるから、でいいと思います!
理科はやれば出来るので互いに頑張りましょう!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる