ここから本文です

ホットスポット

yky********さん

2011/7/1723:29:55

ホットスポット

空間線量0・27の棚倉町の自宅の裏の雨どい7マイクロシーベルト、棚倉町の自宅のあまどいの汚泥が流れなくたまったところ10マイクロシーベルト、棚倉町の自宅の駐車場の雨水がたまるところ3マイクロシーベルト、空間線量0.55の白河市の公園の駐車場の水溜りが乾いた場所2マイクロシーベルト
測定器を役所でかりて測りました。事実なので皆さん子供を守るため、このような場所は気をつけたほうがいいと思います。もっと市民が声を上げてせめて子供がいる家庭には、測定器を配るように、言いませんか。

閲覧数:
402
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miz********さん

2011/7/1801:12:31

これから10年以上はホットスポット退治が続くでしょう。セシウムは強アルカリで土などに吸着や化合して、雨や水で流れて行かないようです。

NHKテレビで、ベラルーシでは、今も道路などの除染が続いてました。
ガイガーカウンターにウクライナ製造が多いですが、あちらでも、必需品なのかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nec********さん

2011/7/1800:22:08

配るのも大事だけど、それ以上に大事なのが、その測定器を使って回りの放射線量を測ってみて、どこが高いかを知ることですね。
幸か不幸か、学校で放射線についての学習が復活したとのことで、その授業で福島の小学生が自分で色々な場所の放射線量を測って、ここが高い場所だとか見つけていたのをTVでやっていました。
放射線学習の復活は元々原子力の利用促進の一環ではありましたが、こういう活動を通じて、子供たちの被曝が少なくなるようならば、活用すべきだなと感じています。やはり、子供たち自身にどこが線量高いかを身をもって知ってもらうことが一番だと思います。

まぁ、ホットスポットの特徴は泥水が溜まりやすい場所とか草むらとかって相場が決まっているので、何回も測っているうちに測定器が無くてもここは線量高そうだって見当がつくようになると思いますが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる